Pocket



【転職お悩み事例】夫の海外赴任について行き、日本に戻ってきたキャリア女性のコンサルティングファーム転職

こんにちは。HARUKIです。

今日は、いわゆる女性が非常に優秀で旦那様の海外転勤について行ったものの、その能力を活用したいという強い意志から

コンサルティングファームに転職した方に焦点を当てます。

主人公は、A様/女性/37才、監査法人にいて、旦那様の日本帰国に伴いご自身も帰ってくることに。

昔から一定数こういう方はいたのですが、最近も多いようですね。

監査法人に勤めていたが、旦那様の海外赴任について行くことに

 

A東京の大学をご卒業され、そのまま大手商社へ。

ただ、配属された部署は経理なのに割と体育会系。

女性ということもあり他の男子社員よりはマシなものの、かるーいモラハラ・セクハラ・パワハラの三拍子揃った大変劣悪な環境。

友人からは、

・商社は3-5年我慢すればローテーションで部署異動できるし、また新しい子が来たら標的がうつるからしばらく辛抱

と言われ、高給だけども社畜型のサラリーマンの辛さを痛感。

幸いにも勉強ができたので、そのまま勉強をして公認会計士の資格をとり、監査法人に転職。

公認会計士として活躍している間に、元同僚の彼氏と結婚。

旦那様のニューヨーク赴任が決まり、そのままニューヨークに、ついていったが駐在の3年を経て日本に帰ってきたのでした。

 

久しぶりの日本はやはり過ごしやすい。そして、そろそろ自分のキャリアを考えたくなったA様

 

子供も2人生まれて、下の子がまだ1歳なもののあまりキャリアのブランクを開けたくなかったので、転職エージェントに相談。

旦那様がまた海外にいく可能性を鑑み、グローバルコンサルファームに、行きたいと思いコンサルに応募。

戦略外資系コンサルでは、「女性×公認会計士」のニーズ高く、面接はなんと二回で終了。

このまま大手外資系コンサルファームに転職。

入社後一週間は研修もあり楽しいものの、3ヶ月もすれば激務に笑

ただ、想像していたほどではなく毎日22時までで、土日も結構休めるので意外にいい仕事を見つけたとご満足。

何より家事だけで、自分の能力が活かせなくなることを考えると、現在母に子育てを手伝ってもらっているが、ひはも手持ち無沙汰な生活の中孫の面倒ができて嬉しそう。

こんな生活もありかなと思いつつ、すでにコンサル3年目。

ついに旦那の年収を、超えてしまいました笑

 

今日は幸せな事例でしたね笑

 

転職活動に疲れたあなたに!!

トリバゴで旅行にでも行ってリフレッシュしましょう!!

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

 

 







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA