Pocket



Q&A

よく聞かれるQ&Aについてまとめました。

Q:コンサルタントの職位はどのようなものなのでしょうか?

A:コンサルティングファームによって異なりますが、だいたい以下のようになります。

・パターン1(ビック4はだいたいこれ)

アナリスト→コンサルタント→シニアコンサルタント→マネージャー→シニアマネージャー→ディレクター→パートナー

・パターン2(アクセンチュア※厳密には職種によって違う)

ビジネスアナリスト→アナリスト→シニアアナリスト→コンサルタント→マネージャー→シニアマネージャー→マネージングディレクター

・パターン3(BCGとか一部の戦略ファーム)

アソシエイト→シニアアソシエイト→コンサルタント

→プロジェクトリーダー→プリンシパル→パートナー、マネージングディレクター

 

Q:コンサルのアップオアアウトは本当にあるのでしょうか?

A:はい。あります。ただし、最近ではコンサルタント不足から、アウトさせない方向に会社全体として方向転換した会社も多くあります。(アクセンチュア、ベイカレント、BCG)ただし、一部のファームでは依然として入社者の半分程度が一年くらいで辞めるところもあるのはあるので、アウトするのが嫌なら事前にファーム選択はきちんとおこなってください。

 

Q:コンサルタントになりたいものの、本当にコンサルタントとしてやっていけるか不安です。

A:それは当然の反応だと思いますし、通常の人間なら不安で当たり前です。ただし、皆さん同じような壁を乗り越えて入社後活躍されているのでご安心してください。頑張らないのは論外ですが、今の市況感ならきちんと頑張れば時間はかかるかもしれませんがきちんとコンサルタントになれると思います。ただし、一部のファーム(A.T. カーニー、マッキンゼー、DTC、PWC)は引き続きできない人を切る文化なので注意してください。

 

Q:コンサルタントの福利厚生ってどうなのでしょうか?

A:基本的に良くないですが、一部のファームだと、食事手当/会社の福利厚生で色んなものが買える等があり、役員になると高額の退職金積み当てが発生するケースもあります。有給休暇は、驚くほど消化しやすいので、休みたい方は是非休んでください。

 

Q:コンサルの入社後のキャリアパスはどのようなものなのでしょうか?

A:基本的にはOJTです。ただ入社後の基礎学習(ロジカルシンキング等)座学で行なったり、入社後のMBAや学習チャンスは意外に多くあります。良く勉強会しているので、それに参加すればよいと思います。

 

Q:オススメの転職エージェントについて教えてください。

A:基本的には、コンコード、ムービン、アクシスコンサルティングに相談してください。ただし、リクルートやパーソナル等の大手人材会社には数多くの求人があるためこの二社にも一応声かけてください。

Q:コンサルに行くからには激務であることは覚悟しているのですが、実際どれくらい激務なのでしょうか?

A:戦略ファームと総合系ファームでかなり異なります。戦略ファームは、BCGを除き夜中まで働くことが多いです。BCGでも12時くらいまでは働きます。対して総合系ファームは、今かなり楽です。事業会社と対して変わらないと思います。ただし、純粋な労働時間はそこまで長くありませんが、精神的プレッシャーが結構しんどいため、意外とプロジェクトアサイン中は疲れます。

 

Q:コンサル独自の用語が多く、転職エージェントの言ってることが理解できません。

A:これは仕方ありません。業界特有の専門用語なので、下記を参考に覚えて頂いた方がいいと思います

・アサイン→プロジェクトに配置されることです。英語のassignment

・ケース→とあるビジネスの状況を仮で設定して、課題を解く問題です。自頭と課題解決力を見る問題で戦略系の案件では非常に重要視されます。

・ファーム→会社のことです

・代表→社長ではなく代表です。コンサルティングファームの場合パートナーシップ制を引いており、パートナー陣が経営権を保有しています。そのため代表に権限が集中しているわけではなく、パートナー同士の話し合いで経営判断がなされます。(勿論パートナーの出資割合に応じて発言権は異なります。)

・ポストコンサル→コンサルの次のポスト。主にコンサルティングファームから事業会社や投資ファンドに行く時にしようされる言葉。現在ポストコンサルのポジションは、大手事業会社にたくさんある。例:商社、楽天、エムスリー、DeNA、リクルート、メルカリ等

・戦略コンサル→会社の重要な意志決定に関与する戦略策定をメインにするコンサル。基本的には、外資系戦略ファームとビック4の戦略部門のみ該当。※経営コンサルとは全く違います。

・経営コンサル→業務改善コンサル。ほぼシステムが関係するので、ITを知らないと厳しい

・ITコンサル→業務改善をITを使ってやるコンサル。会社によってはただのエンジニア。デジタルをたくさん使用するITコンサルは非常にやりがいもある。

Q:ベイカレントに年収が高いため行きたいのですが、業界内のポジションが低いので行くのを迷っています

A:ポジションが低いのは事実です。戦略ファームはベイカレントをコンサル会社とも見なしていないケースもあります。ただし、会社が高単価の戦略・業務改善系案件に力を入れているのは事実なので、外部の評判を気にしなければいい会社かと思います。

Q:面接時の対策を教えてください

A:以下をご覧ください

コンサルティング業界の書類選考・面接対策

 

Q:コンサル後のキャリア

A:以下をご覧ください。

コンサル後のキャリア〜ポストコンサル〜

 

転職活動に疲れたあなたに!!

トリバゴで旅行にでも行ってリフレッシュしましょう!!

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

 




Pocket