アメリカ株暴落??を受けて、煽りまくるメディアと個人ブログ

Pocket



アメリカ株暴落??を受けて、煽りまくるメディアと個人ブログ

テック株を中心に暴落した?今週一週間

こんにちは、harukiです。

今週は、アメリカ株が一時的に大きく値を下げました。

 

特に、今まで高PERであった「テック系株(ネットフリックス、アマゾン、アルファベット、フェイスブック等)」とエネルギー株の下げが大きく、

 

・リーマンショック級の値下げがまたあるのではないか??

 

と市場が疑心暗鬼になったこともあり、各種ニュースが暴落を煽りました。

そして、日経や各種主要メディアは勿論下記のような個人ブログもアメリカ市場の暴落と今後起きるだろうリーマンショック級のイベントを期待して記事を書きました。

 

米国株式市場、終わりの始まりか

・米株価急落 債券価格は上昇

・米株は大幅続落、9年半続いた強気相場の終焉か?

 

各種記事の暴落の理由としては、

 

①FRBの大きな利上げ

②米中貿易摩擦の悪化

 

と挙げられており、実際の数字も上がっており一見すると最もらしく見えます。

 

が、よーくみると暴落の率は5%前後のものが多く、リーマンショックや世界恐慌の時とは違います。

 

ただ、三菱サラリーマンさんのように現実をしっかり観れている方は別のようで、

↓三菱サラリーマンさんのブログ↓

・株価暴落に際して留意すべきこと

 

彼のような優秀な投資家がそこまで狼狽売りしておらず、結果としてそこまで株価は下がっていません。

冷静に市場を見れている方は見ているのですが、メディアや各種ブログは煽って記事数やPV(ページヴュー)を増やすのが

仕事で、実際はアメリカ株はそこまで暴落していません。

過去利上げをしたときも同じような値動きはしているので注意は必要ですが、各社の企業業績もよくまだ株は上がると想定されます。

 

 



Pocket

ライザップでダイエットして面接受けする素晴らしい体を手に入れよう!〜面接は見た目が8割〜

Pocket



ライザップでダイエットして面接受けする素晴らしい体を手に入れよう!〜面接は見た目が8割〜

最近ライザップでダイエットをし始めたHARUKI

 

こんにちは。HARUKIです。

突然ですが最近体重が80kgを超えてきました。

昔は60kgだったのにも関わらず、「夜のつけ麺+ポテトチップス+ビール」が辞められるず気がつくとこのザマですw

仕事はしっかりしているので、ビジネスをしている時はあまりデブとは言われないのですが、家庭では散々です。

個人的にも80kgを超えたのは大変ショックで、自分でダイエットもどきもしたのですが、結果はでず・・

そんな中、テレビや電車の広告をみて、かなーり高かったですが「結果にコミットする」と有名なRIZAPに依頼。

下に入会金+コースの料金表を記載しますが、29.8万円(週2回・16回)+5万円(入会金)で合計約35万円・・・・

正直かなり迷いましたが、以下セールスポイントにやられて申し込んでしまいましたw



ライザップのセールスポイント

①専属トレーナーがついてマンツーマントレーニングをしてくれる

②専属トレーナーが毎食の食事内容を細かくマネージメント

③落ち込んだりめげそうになったら、励ましてくれる専属トレーナ

④30日間無条件全額返金保証

⑤完全個室のプライベートな空間でトレーニングができる

 

完全に自己流ですが、今までダイエットをしていて最も挫折になったポイントは、「食事制限がきつくなる」・「ジムに行くのがめんどくさい」・「食の誘惑に負ける」ということだったのですが、食べたものをトレーナーに毎食報告する上に、嘘をつくと

・計算と合わない。何か食べたでしょ!!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

 

と怒ってくれるほどマイクロマネジメントをしてくるトレーナーが一番の売りで、これがharukiに刺さりましたw

しかも、食事制限はつらいなーと思っていたのですが、

 

・無理な食事制限ではなく、糖質をオフにし、結構料理は食べることができる

 

です。また、「体つくりをしっかりして痩せるので、リバウンドはしにくい」ということであまりリバウンドしていない事例をたくさん見せてもらったので気に入っています。

 

初めはつらいがトレーナーがいると頑張れる

ジムは、週2で運動は意外に好きなので問題ないのですが、やっぱり辛いw食事制限。

(さっき無理な食事制限でないと書きましたが、やってみるとやっぱり初めは辛い)

卵やお肉等のタンパク質が多いので確かに食べれるのですが、お腹にはたまらないのです・・

が、そんなとき素晴らしいのはトレーナー!

素晴らしいアメとムチ。

トレーナーのおかげでなんとかしんどい1週間を乗り切ると、あとは問題なく続け、2ヶ月でなんと12kgも痩せました!!

いえーい!!

過去最高の体。

ぜひ一度無料カウンセリングしてみて下さい!!

無料カウンセリング受付中/ライザップ


Pocket

Hiroさんが書いている「Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!」が面白い

Pocket



Hiroさんが書いている「Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!」が面白い

米国株ブログの中でバランス重視でもっとも内容が論理的なブログ

 

こんにちは。HARUKIです。

最近息抜きコンテンツばかり更新していますねw

コンサルの転職支援も十分良いのですが、最近は不労所得獲得のために、「株式投資」に力を入れておいます。

給与所得でも良いのですが、やはり労働所得より不労所得の投資で稼ぐ方が良いですね。

最近は特に、景気が絶好調のアメリカ株への投資に力を入れており、業績は大変良いです。

ただ、直近のアメリカの長期金利でまたまた株式市場が下がったので、今は少し涙目ですが・・・笑

さて、そんな中本ブログでも紹介した以下3サイトをよく見ています。

・三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた

・バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略)

・Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

 

最近は、特にHiroさんが書かれている「アメリカ株 シーゲル 流米国投資」のブログが大変面白いです。

面白すぎてかつ文章の書き方がロジカルで中立的なので、最近newspicsまで記事を取り上げたようです。

今日は、そんなhiroさんのブログについて記載します。

 

シーゲルの株式投資を忠実に実施しているブログ。また、著者のhiroさんは大変論理的でバランサータイプの素晴らしい人

さて、皆さんはシーゲル株式投資をご存知ですか?

シーゲル の株式投資は一時期一世を風靡した投資方式で、

 

・比較的配当利回りが高い、成熟優良銘柄を長期で保有して配当再投資を繰り返すという投資戦略

 

です。

この投資方式は今では、アマゾンをはじめとするグロース株(主にテック株)に負けていますが、不景気がきたタイミングですと

圧倒的な成果を出しています。

主に成熟優良株に投資しているため、「参入障壁が高く、成熟して配当を多く出しているディフェンス株への投資」ということもあり、今は投資成績が芳しくないのですが、hiroさんはこのシーゲル 流に非常に力を入れています。

かのウォーレンバフェットはアップルにも投資していますが、上記3ブログは全て「バリュー投資」や「シーゲル 投資」等の「不景気時に本領をはっきするディフェンシブ株ばかりに投資しています。

日本人の悲観論大好き癖がここでもはっきされていますねw

ただ、とはいっても歴史は繰り返すものでいつかリーマンショックのような不景気はきます。

その際に、このような成熟セクターで配当が高い企業は短期投資筋や投機筋が少ないので、不景気時の暴落には影響を受けにくいです。

配当が大きくなり、かついずれ好不景気の波で株価が戻ることがわかっているようであれば、上記のような成熟企業への投資は一つの正解となります。

そして、その中でhiroさんは、元公認会計士で現在の上場企業の経理だけあり財務観点の面白い独自解釈をされています。

例えば個人的に良いなと思ったのは以下です。

 

ROEが高い企業は長期投資に適しているが、ソッコーでお金持ちにしてくれるわけではない。

http://growrichslowly.net/high-roe-is-suitable-for-long-hold/

 

この辺りは財務に詳しい人が書いたブログですね。

ROEの考察は同じようなファイナンスバックグラウンドのものとして面白いです。

是非皆さんもみてください!!

また、ヒロさんも言っていますが、国際分散投資は非常に重要です。

harukiとしては以下投資をおすすめしており、是非ご覧ください。

【オススメ度:★★★★★】WealthNavi (「ウェルスナビ」)でお手軽国際分散投資〜世界経済の成長を取り込む〜



Pocket

コンサルに転職する際の転職回数について

Pocket



コンサルに転職する際の転職回数について

コンサルに転職される際に求職者が気にする転職回数

 

こんにちは。ハルキです。

本日はコンサルに転職する際にきになる転職回数についてです。

コンサルは転職回数が多いプロフェッショナルな方が多いですが、何回でもいいということはなく限度があります笑

また、当たり前なのですが転職先のファームによっても全く求められるものが異なります。

転職回数の詳細を記載したいと思います

 

戦略、経営コンサルに転職する場合

 

コンサル未経験者は概ね二回程度の転職経験までであれば影響はな

→コンサル未経験がコンサルファームに転職する際は所属している企業やご自身の経歴にもよりますが基本的には転職回数は二回までと思ってください。

ただし、以下のような方は別です。

①年齢が35-40歳を超えている

②公認会計士の資格を持っている

③弁護士、医者である

④海外有名大学のMBAを持っている

⑤高校が灘、開成→東大に入って起業家だった人

上記の人は転職回数は、説明さへつけば問題ありません。

 

・コンサル経験者は、転職回数は5回以上でなければ良い。

→コンサル経験者はあまりにも転職回数が年齢の割に多くなければ問題ありません。

また、経営コンサルへの転職であればかなり有利に転職できると思います

ただし、気をつけないといけないのが戦略コンサルへの転職です。

コンサルティングファームは、デロイトやアクセンチュア等の総合ファームを戦略のコンサルとしは一切認識していないため、あまり選考上はプラスに働きません。

 

ITコンサルタントに転職する場合

 

・コンサルティングファームにいる、もしくはシンクタンク出身者は5回以上転職きてなければよい。

→彼らは戦略、経営コンサルと同じく転職回数はさほど気にしなくて問題ありません。

 

・SIerに在籍している人は、転職回数が3回程度が望ましい

→SIerに在籍している人は共通項として、転職回数3回以内が望ましいです。

ただし、NTTデータや富士通等のプライムベンダーに在籍している場合は、35才を超えていれば転職回数が4回でも問題ありません。

 



Pocket