KPMGコンサルティング(RC/NON-ITリスクコンサルティング部門(激務度:★★☆)

Pocket



KPMGコンサルティング(RC/NON-ITリスクコンサルティング部門)について

今回は、RCの中にありNON-ITと呼ばれる部門について説明します。

 

ハルキのポイント

■転職する際のポイント:
①女性が多く活躍しておりワークライフバランスはよい部門
②英語の使用頻度も高い
■転職するには?:英語能力に加えて、事業会社での企画系や法務系(コンプライアンス系がベスト)の経験が必要。
■ネガティブ・激務情報(概要):
①年収が低い。

激務情報

■激務情報:NON-ITはワークライフバランスは良いです。
女性も多く、短い人だと月20時間。多くても60時間程度の時間を見越せば良いと思います。



その他概要について

■全体像:NON-ITは、RCの中で3割程度の人員で女性比率が5割を超えている部門です。

*だいたい、30-40名NON-ITに所属しています。また、監査系や海外子会社管理等のオーソドックスなリスクコンサルティングをしている部門です。

■案件例:NON-ITの部門では、おおよそであるが

①海外子会社管理

②監査関連アドバイザリー

③ガバナンス関連アドバイザリー

④オペレーションに関するアドバイザリー等が多い。案件としては、海外系の案件も多く、非常にグローバルな職場である、RCの中では英語を話せる方の比重も多く、だいたい3割くらいは海外案件が多い。

■組織や社風:RCなので風通しはよいらしい。ただし、女性比率が多いため、少しだけ人間関係に気を使う。

ただし、グローバルな案件もあり、他ファームよりは圧倒的に協調性がある人が多いので、仕事はしやすいと思う。

また、組織は複数のパートナーごとに、監査や海外子会社案件等の担当領域がわかれており、パートナー間の管轄意識も強いので、アサインされたい案件があれば上司に気に入られる必要がある。

■魅力:グローバル案件が多く、RCなので非常に中長期で働きやすいということ。

また、女性も多いので多様性はある。また、ガバナンスや監査系案件も多いので、監査系総合ファームとしては、他ファームと差別化しやすい。

■人材の質:NON-ITは非常に優秀層か即戦力層しかいない。

実際、もともと大手の内部統制や法務にいた人か、東大をでて英語が担当な人・早慶以上で大手の管理部門にいて英語が話せる人等しかいない。

■ネガティブ情報:RCでは唯一年収が低い。ちなみに本当に低く、コンサルタントで500-600万円くらいが多く、マネジャーでも900万円くらい。

ITリスクの同じRCのマネジャー1300万くらいもらうケースもあることを考えると、少し格差はある。




その他KPMGコンサルティングの部門の詳細

KPMGコンサルティング(MC/SSOA/RPA*ロボティックプロセスオートメーション組織)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(管理部門)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(RC/NON-ITリスクコンサルティング部門(激務度:★★☆)

KPMGコンサルティング(RC/リスクコンサルティング部門)(激務度:★★)

KPMGコンサルティング(MC/銀行・証券セクター)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/商社セクター)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/ITA(IT部門))(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/FT(財務・会計)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/BT(戦略部門))(2017/08/15更新)(激務度:★★★☆)

KPMGコンサルティング(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308






Pocket

KPMGコンサルティング(RC/リスクコンサルティング部門/ITリスク)(激務度:★★)

Pocket

KPMGコンサルティング(RC/リスクコンサルティング部門/ITリスク)について

今回は、RCと呼ばれるリスクコンサルティング部門についてです。

ハルキのポイント

■転職する際のポイント:
①ITリスク部門としては日本で最も有名なファームの一つ。
②セキュリティやコンプライアンス案件含め大型の案件遂行ができる。
■転職するには?:大手SIerに所属していてPM経験がある人。
■ネガティブ・激務情報(概要):
①仕事に派手さがないため

激務情報

■激務情報:KPMGのリスク部門は非常に残業が少なく有名。
残業時間は60時間程度を見越せば良い。
リスクは、発注側もM&Aみたいにすごく急いでコンサルのレポートを納めなくて良いので、働き方は良い。

その他概要について

■全体像:RCは、KPMGコンサルティング部門の花形部門でもあり、KPMGといえばリスクコンサルティングが非常に有名(DTRSと並びリスク部門では日本で最も強い)。

もともとは、KPMGビジネスアシュアランスという会社の時から金融機関向けのリスクコンサルティングに定評があり、その会社とKPMGマネジメントが2014年の会社統合で一緒になった。

また、金融以外にも強みがあり、大手自動車向けの案件遂行が多い。

また、社内では「ITの部隊」と「ITでない部隊」で分かれている。部隊の数としては、圧倒的に「ITの部隊」が多く、案件数もIT系が多い。ただし、「ITでない部隊」は内部統制や海外子会社管理等の案件を行っているため、ITがメインの案件アサインになることはない。

■案件例:大手金融機関向けの内部統制案件・コンプライアンス案件・海外子会社管理案件・マネーロンダリング対応案件・サイバーセキュリティ対応案件等様々なコンサル案件を実施している。

また、最近金融期間(といってもメガだけだが)も海外展開が多く、海外案件も3割くらいはある。

■組織や社風:組織は、大きくIT系の組織とそれ以外に別れる。IT組織は内部で、サイバーセキュリティ部隊とITリスク部隊に分かれており、組織ごとに特色がことなる。

IT系は女性が1〜2割くらいであるが、NON-ITは女性が半分くらい在籍している。雰囲気は総じてよく、離職率も非常に低い。

■魅力:サイバーセキュリティは日本最高峰で非常に魅力。 また、ITリスクも非常にコンペティティブであり魅力。特に、ITリスク案件は、DTRSと国内を2分している勢力である。

また、リスクコンサルティングも海外子会社の管理案件で、実際に海外出張をすることもあったりと、海外案件が多く魅力的である。

■人材の質:IT系は2次受けの以上のSIerでPM等が実施できる人が多く在籍している。

また、リスクコンサルティングは、同じような「内部統制」・「法務」・「コンプライアンス」等の仕事を事業会社で実施していた人が多く、英語もできる人が多い。

■ネガティブ情報:なんといっても仕事に派手さがないこと。

また、監査ほどではないが、一部業務も定型化されてしまっているので、コンサル業務とはいえ飽きやすいという特性がある。尚、IT系は給与が高いが、ITでない方は給与が低いのも問題。

その他KPMGコンサルティングの部門の詳細

KPMGコンサルティング(MC/SSOA/RPA*ロボティックプロセスオートメーション組織)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(管理部門)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(RC/NON-ITリスクコンサルティング部門(激務度:★★☆)

KPMGコンサルティング(サイバーセキュリティ)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/銀行・証券セクター)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/商社セクター)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/ITA(IT部門))(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/FT(財務・会計)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/BT(戦略部門))(2017/08/15更新)(激務度:★★★☆)

KPMGコンサルティング(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

 




Pocket

KPMGコンサルティング(MC/銀行・証券セクター)(激務度:★★★)

Pocket

KPMGコンサルティング(MC/銀行・証券セクター)

今回は、MCのセクターと呼ばれる業界特化している部門の中の銀行・証券セクターについてです。

ハルキのポイント

■転職する際のポイント:
①KPMGで強い銀行向けのセクター部門
②セクターなので基本的には、案件を取ってこれるマネジャー以上
■ネガティブ・激務情報(概要):
①銀行向けの案件を実施していたので、硬い人が多い。

激務情報

■激務情報:銀行向けで、BIG4のインダストリーは基本的に営業部隊(マネジャー以上が所属)なので、完全に成果に連動する。
すごい営業がうまい人は月20時間くらいもありえると思うが、普通に80時間程度は見ておいた方が良い。



その他概要について

■全体像:MCの銀行・証券セクターは最近できた部門。もともとKPMGコンサルティングは、金融機関向けのリスクコンサルティングに非常に強く、実績も多いがそこから派生した案件(業務改善や各種戦略立案)も一定規模になってきたため、できた部門。

一部RCというリスクコンサルティング出身者も所属しているため、MCという組織の垣根を超えている唯一のMC部門。

■案件例:大手銀行向けの案件が多く、M&A等に関係する業務改善やリスク管理手法の提案等、リスクに関連した業務や業務改善系の案件が多い。

また、大手金融機関は、金融工学等の金融が進んでいる欧米の対応やノウハウを求めることが多く(なぜかというと、日本の金融庁の多くの施策は、先に欧米で広がっているものが多いため)、ヨーロッパに拠点があるBIG4の知見を求めたがる傾向にある。

■組織や社風:まだ、ディレクター・シニアマネジャー・マネジャー以上がそこまで多くなく、上位レイヤーの採用を加速させている兼ね合いもあり、年齢が高い方が多い。

また、KPMGの中でも金融業界はレガシーな業界のため、「細かく・堅い」人が多いのは事実。

■魅力:組織が立ち上がったばかりで裁量がある。また、本部門は年収が高いためやりがいも大きい。

■人材の質:もともと金融機関向けのリスクコンサルティングをしていた人の在籍が多い。また、セクターは顧客獲得もミッションなので、他ファームでマネジャー以上の職位にいた人の在籍も多い。

■ネガティブ・激務:KPMGのRCよりの部門ではあるが、トップが相当堅い人なので少しRCの中でも息苦しさを感じるところ。ただし、根はいい人が多いので、そこまで心配する必要はない。

その他KPMGコンサルティングの部門の詳細

KPMGコンサルティング(MC/SSOA/RPA*ロボティックプロセスオートメーション組織)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(管理部門)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(RC/NON-ITリスクコンサルティング部門(激務度:★★☆)

KPMGコンサルティング(RC/リスクコンサルティング部門)(激務度:★★)

KPMGコンサルティング(サイバーセキュリティ)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/商社セクター)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/ITA(IT部門))(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/FT(財務・会計)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/BT(戦略部門))(2017/08/15更新)(激務度:★★★☆)

KPMGコンサルティング(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール






Pocket

KPMGコンサルティング(MC/商社セクター)(激務度:★★★)

Pocket



KPMGコンサルティング(MC/商社セクター)について

今回は、MCのセクターと呼ばれる業界特化しているコンサル部門の中の商社セクターについてです。

*基本的に、セクターは業界特化であり、案件をとってくる必要があるので、マネジャー以上が多い。

まれにコンサルタントがいるが、少なくともマネジャー一歩手前のシニアコンサルタントが多い。

 

■全体像:MCの商社セクターは、他ファームで商社領域に強みがあった某氏が入社することでできた。も

ともと総合系コンサルファームで商社に入り込んでいるのはアビーム社であり、他コンサルファームや特にKPMGが入り込む余地は少なかったのだが、最近はKPMGが得意なリスクマネジメント関係を入り口に商社から着目をあび、現在「海外進出支援」や「全社システム統合」等の伝統的な案件受注が加速している。

■案件例:様々な案件が実施されているが、上記に記載したような伝統的な支援が多い。

特に、他コンサルファームと異なるのは、KPMGの特徴である「非IT系案件支援」が多いことである。ただし、KPMGの商社部門は立ち上がったばかりなので、そこまで案件実績が多くないということもあり、そこまで詳細が記載できない。

■組織や社風:まだ、ディレクター・シニアマネジャー・マネジャー以上がそこまで多くなく、上位レイヤーの採用を加速させている兼ね合いもあり、年齢が高い方が多い。

■魅力:英語案件が非常に多いこと。立ち上がったばかりの組織であり、本人のやる気次第でなんでもできる。

■人材の質:元商社に関わっている人が大半。例えば、総合商社向けのシステムベンダーやコンサルティングをしていた人が多い。*まだ、商社そのものにいた人は少ない




その他KPMGコンサルティングの部門の詳細

KPMGコンサルティング(MC/SSOA/RPA*ロボティックプロセスオートメーション組織)(2017/08/19更

KPMGコンサルティング(MC/SSOA/RPA*ロボティックプロセスオートメーション組織)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(管理部門)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(RC/NON-ITリスクコンサルティング部門(激務度:★★☆)

KPMGコンサルティング(RC/リスクコンサルティング部門)(激務度:★★)

KPMGコンサルティング(サイバーセキュリティ)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(サイバーセキュリティ)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/ITA(IT部門))(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/FT(財務・会計)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/BT(戦略部門))(2017/08/15更新)(激務度:★★★☆)

KPMGコンサルティング(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308






Pocket

KPMGコンサルティング(MC/ITA(IT部門))(激務度:★★★)

Pocket

KPMGコンサルティング(MC/ITA(IT部門)について

今回は、KPMGのテクノロジー部門であるITAの話をします。

ITAは、もともとETにいた名物パートナーであるI氏がEYのテクノロジー舞台を引き連れて、KPMGコンサルティング設立時に入社させた軍団が母体。

最近もアビームのKさんという有名人等を採用したり、勢いはよい。

*また一時期、某○○ファームから人を大量にいれていたが、その流れは諸々ありなくなっている。

 

ハルキのポイント

■転職する際のポイント:
①KPMGで力をいれているIT部門。元EYの人が一時期かなり数いたが、最近はいろんなファームの人が在籍している。
②純粋なIT案件はそこまで多くなく、業務支援の一環でコンサルを行うケースが多い。
■ネガティブ・激務情報(概要):
①実力が足りないコンサルファーム出身者が一部いる。

激務情報

■激務情報:月80時間程度の残業時間を想定していれば良い。もともと他ファームからきた人が多いため、他のファームの平均値くらいの残業時間になっている。

その他概要について

■全体像:MCのITAは、ITA系全般を実施している。いわゆるITコンサル部門である。

一般的に人気があるような、SAPやEBS系のパッケージコンサルに始まり、クラウドやサーバー等のインフラ系の案件も実施している。また、在籍人数も多く結構やりがいはある。

特に、最近は業務改善系の案件でテクノジーが絡まない案件が少ないので、業務改善系テーマと一緒に業務遂行するコンサルティング案件が多い。

■案件例:KPMG全般にいえることであるが、純粋なIT案件は多くない。

元BIG4のトップであった方も仰っていたらしいが業務支援系が他コンサルファームと比較して非常に多い。また、会社の事業・組織戦略で開発工程を実施できるほどのcapabilityがないため、業務改善系やITの上流案件実施が多い。

*ただし、DTCやアクセンチュアが実施しているような最上流の案件遂行は少ない。最近は、入り込んでいる金融だけでなく、製造業や一部商社のような従来のKPMGが得意でなかった領域の案件も多いまた、ゆくゆくはアクセンチュアのように、IT開発まで実施するらしいので、2020年以降になると開発領域まで着手する可能性があるため、注意が必要。

■組織や社風:比較的ゆるい。ただし、微妙な人が多いので事実で結構あたりハズレがある。

また、ワークライフバランスも同様。正直競合他社と差はないと思っていた方がよい。

また、組織が今は大きくなっているので、上司によって当たり外れが多いことは認識をすべきである。

■魅力:業務改善系や上流工程が多いこと。これは魅力である。

ただし、KPMGはもともとIT領域に強くないので、案件規模は大きくないのも特徴。また、KPMGはEYACCと同じく後発ファームなので、組織がそこまで出来上がっておらず、裁量をもってなんでもしたい方には魅力的。

■人材の質:あたりハズレが多い。最頻値としては、もともとSIerで要件定義等の上流工程を実施していた人がおおい。

■ネガティブ・激務情報:今も一定数いるが、一時期大量の人を無理やり取ったので、マネジャー以上で質が低い人が一定数いる。この人たちは、他ファームでパフォーマンスが上がらなかった人が多いので、性格的に微妙であったり、実力が伴っている人もいる。




その他KPMGコンサルティングの部門の詳細

KPMGコンサルティング(MC/SSOA/RPA*ロボティックプロセスオートメーション組織)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(管理部門)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(RC/NON-ITリスクコンサルティング部門(激務度:★★☆)

KPMGコンサルティング(RC/リスクコンサルティング部門)(激務度:★★)

KPMGコンサルティング(サイバーセキュリティ)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/商社セクター)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(サイバーセキュリティ)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/FT(財務・会計)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/BT(戦略部門))(2017/08/15更新)(激務度:★★★☆)

KPMGコンサルティング(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308

転職活動に疲れたあなたに!!

トリバゴで旅行にでも行ってリフレッシュしましょう!!

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』






Pocket

KPMGコンサルティング(MC/FT(財務・会計)(激務度:★★★)

Pocket

KPMGコンサルティング(MC/FT(財務・会計)について

今回は、MCの財務・会計コンサルティング部門(FT)の話をします。

 

ハルキのポイント

■転職する際のポイント:
①業務系の財務・経理コンサルができる。
■ネガティブ・激務情報(概要):
①組織が大きくないため、非常に忙しい。

激務情報

■激務情報:MCなので割と忙しい。また、財務会計はBIG4のお得分野ではあるが、依頼も多いため残業は月80時間程度を見込んでいると良い。



その他概要について

■全体像:MCのFTは、他BIG4と同様に、伝統的にBIG4が強い財務・会計領域なので、過去から実績もあり対外的にもイメージがよい部門。

企業の財務戦略の立案から、経営管理および管理会計の構想立案からシステム選定、新業務定着化の支援)、IFRS導入などを契機とした決算をはじめとする財務経理関連業務の改革及び効率化、関連システムの見直し等の案件を行っている。

よく混同されている方がいるが、KPMGの「CFOアドバイザリー」とは少し役割が異なり、最上流の案件や企業のCFOと直接対峙してコンサルを行うような案件は少ない。

■案件例:企業の財務戦略の立案から、予算管理手法の開発、経営管理および管理会計の構想立案からシステム選定、新業務定着化の支援)、IFRS導入などを契機とした決算をはじめとする財務経理関連業務の改革及び効率化、関連システムの見直し等の案件を行っている。

最近は、企業の管理会計システムや財務管理のシステムに関連の案件が多い。そのため、他ファームでよくやっているような、SAPを用いたグローバル案件(FI等)が多い。

そのため、英語をできる人を求めている。また、M&A案件は、KPMGFASがやっているので、財務DD等をやることは非常に少ない。

■組織や社風:少し前に某トップ外資系総合ファームから移籍してきたパートナーを筆頭に組織は再構成されている。

また、トップは非常に能力も優秀で人柄もよく有名な方で組織の雰囲気は、現トップの目が行き届いている限りよいと思う。また、組織としては、「非IT系」と「IT系」で異なる。

IT系は、SAPやEBS等のERPをやっている人が多い。また、「非IT系」の案件はもともと企業で管理会計/財務等をやっており、英語が堪能なグローバル人材が多い。

■魅力:英語案件が非常に多いこと。本領域はKPMGの得意領域なので、依然として強い領域であり、日本で最高峰のコンサルティング案件が遂行できる。

■人材の質:優秀層が多い。基本は早慶以上の人が多い。人物としては、もともとコンサルティングファームにいた人/SAPをやっていた人/企業の管理部門にいた人が多い。みなさん優秀である。

■ネガティブ情報:組織が行っても再構築されており、そこまで規模大きくない。また、案件は多い割に、割に採用を絞っているので忙しい。




その他KPMGコンサルティングの部門の詳細

KPMGコンサルティング(MC/SSOA/RPA*ロボティックプロセスオートメーション組織)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(管理部門)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(RC/NON-ITリスクコンサルティング部門(激務度:★★☆)

KPMGコンサルティング(RC/リスクコンサルティング部門)(激務度:★★)

KPMGコンサルティング(サイバーセキュリティ)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/商社セクター)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(サイバーセキュリティ)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(サイバーセキュリティ)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/BT(戦略部門))(2017/08/15更新)(激務度:★★★☆)

KPMGコンサルティング(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308






Pocket

KPMGコンサルティング(MC/BT(戦略部門))(2017/08/15更新)(激務度:★★★☆)

Pocket



KPMGコンサルティング(MC/BT(戦略部門)について

ここからはKPMGコンサルティングの詳細を記載する。KPMGコンサルティングは中々情報がないが、最近転職した友人や関係者にヒアリングして結果をまとめた。

大きくわけると、MCという戦略業務マネジメントコンサル部隊とRCというリスクコンサルティング部隊にわかれる。今回は、MCの戦略部門の話をする。

 

ハルキのポイント

■転職する際のポイント:
①KPMGコンサルティングでも非常に優秀な優秀な人がばかり所属している。
②エネルギーや特定業界の戦略立案は非常に強みがある。コンサル業界でも有名
③グローバル人材しか所属していないので、英語がビジネスレベルはマストでネイティブレベルで使用できるのが望ましい。
■ネガティブ・激務情報(概要):
①優秀な人が多いが給料が低いため、他の戦略部門に行った方がよいと思う。
*英語案件をやりたい場合は別。

激務情報

■激務情報:戦略部門なのでやはり忙しい。月100時間は超えるイメージで入社した方が良い。ただし、KPMGは人間性が良い人が多いので、人間関係のストレスは少なめ。



その他概要について

■全体像:意外に知られていないが戦略部門は非常に優秀である。組織数も数十人と多い。

トップのF氏をはじめとして非常に優秀な若手がなぜか多く、外資系のTIerクラスの人材も結構在籍している。早慶以上でTOEIC900点以上の人が多く、ハーバード大とかに留学する人もいる。

*バイリンガル率は一時期全コンサルティングファームの中でトップであった。

■案件例:KPMGの戦略部門は、エネルギー・ガス・電力向けの戦略立案に非常に強い。

特に、小売の電力自由化等を含め大掛かりな戦略は実はKPMGが仕掛けてきた。

また、バイリンガル人材ばかりなので、非常にグローバル案件も強い。またKPMGはリスク部門が金融機関にJ入り込んでいるため、地銀クラスの戦略をKPMGの戦略部門が請け負うことも多い。

■組織や社風:まあまあ。ただし、KPMGの戦略部門は非常にアカデミックで優等生が多く、優等生の集まりの組織イメージが強い。社風はまあまあよい。ただし、他のファームと同じく戦略なので忙しい。

■魅力:英語案件が非常に多いこと。また、優秀な人も多くグローバル案件もたくさんできるので、非常に面白い。また、エネルギー関係は本当に最上流をやっているので面白い。

■人材の質:優秀層が多い。なぜか、BCG等の元戦略ファーム出身者も在籍するほど非常に優秀である。

■ネガティブ情報:

①国内の知名度が驚くほど低い。戦略も例外ではないため、知名度的に違和感や屈辱感を覚える人は注意が必要

②製造業等の特定領域の超上流(全社戦略立案等)の戦略策定は、実績がそこまでなく弱い

③給料が高くない.KPMGの戦略にいけるくらいであれば、アクセンチュアやBCG等に行った方が給与が高く良いと思う。

④M&A系の案件はすくない。KPMGFASがあるためであるが、M&A系の案件は少ない。まれに、ビジネスDDをKPMGのBTがやっていることはあるみたいであるが、非常に少ないのが実情。




その他KPMGコンサルティングの部門の詳細

KPMGコンサルティング(MC/SSOA/RPA*ロボティックプロセスオートメーション組織)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(管理部門)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(RC/NON-ITリスクコンサルティング部門(激務度:★★☆)

KPMGコンサルティング(RC/リスクコンサルティング部門)(激務度:★★)

KPMGコンサルティング(サイバーセキュリティ)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/商社セクター)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(サイバーセキュリティ)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/FT(財務・会計)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(サイバーセキュリティ)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308

 






Pocket

アクセンチュア(コンサルティング部門/エネルギー電力領域/RES)(激務度:★★☆)

Pocket

アクセンチュア(コンサルティング部門/エネルギー電力領域/RES)について

アクセンチュアで最も個性がないRESについて説明。

まあ、中立的な立場でニュートラルということでいえば逆に個性はある。



ハルキのポイント

■転職する際のポイント:
①英語が案件が多い。全体の4割程度。
②エネルギーは旧態依然の業界のため、コンサルの活躍要素が非常に大きい。
■転職するには?
①エネルギー・素材領域の知見が必要。そのため、左記の業界におり企画系をやっている人がベスト。
②英語力があり、ポテンシャルが高い早慶以上の第二新卒であれば可能性あり。
■ネガティブ・激務情報(概要):業界の特性もありまったりしており、かつ給与が低いこと

激務情報

■激務情報:クライアント特性もあり、そこまで忙しくありません。60時間/月が目安です。

 

その他概要について

■全体像:あまり大きくはない組織だが、大手エネルギー会社や電力会社等に張り込んでいる組織。

意外にRES領域のクライアントは、効率が悪い業務を遂行しているため、コンサルティングファームが活躍する余地は大きい。

また、エネルギー会社や電力会社も海外系の案件が数多くあり、英語力を生かすことはできる。

*使用割合は約4割。

■案件例:エネルギー系でいうと「電力自由化」や「素材メーカーの業務効率化」等に関係する案件が多い。

また、電力自由化は、小売自由化の影響で様々なメーカーと国内外含め連携することも多く英語の使用頻度も大きい。一方素材メーカーは、IoT関係の案件が多くそちらも非常にエキサイティングである。

■組織や社風:アクセンチュアでいうとノーマル。比較的残業時間も少なく(平均40~60時間/月)、働き方はよい。また社風も普通の部門なので、普通である。

■魅力:電力自由化や小売の影響で、最先端テーマについてのコンサルティングを求められることが多い。また、上記のようなテーマはヨーロッパやアメリカで最先端事例も多く、グローバルファームのメリットが活用できる。

■人材の質:MCとTCは優秀。 ASも優秀。そのため、総じて結構優秀。また、英語ができる人はグローバル案件もたくさん実施できる。

■ネガティブ・激務情報(概要):

①業界の特徴もあり動きがまったりしている。

②給与がそこまで高くない。




その他アクセンチュアの部門の詳細

アクセンチュア(コンサルティング部門/通信メディアハイテク領域/CMT)(激務度:★★★)

アクセンチュア(コンサルティング部門/官公庁部門/HPS)(激務度:★★☆)

アクセンチュア(コンサルティング部門/金融/FS)(激務度:★★★)

アクセンチュア(コンサルティング部門/製造流通部門・PRD)(激務度:★★★)

アクセンチュア(ITS:開発部隊)(激務度:★★)

アクセンチュア(ストラテジー)(激務度:★★★★)

アクセンチュア(管理部門)(激務度:★)

アクセンチュア*続き(激務度:★★★)

アクセンチュア*概要(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

コンサルティング業界の書類選考通過可能性測定ツール(β版)

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308

 






Pocket

アクセンチュア(コンサルティング部門/通信メディアハイテク領域/CMT)(激務度:★★★)

Pocket

アクセンチュア(コンサルティング部門/通信メディアハイテク領域/CMT)(激務度:★★★)について

アクセンチュアの最大の組織であるCMT。人数としては2000人以上も人がいる最大派閥の一つである。



ハルキのポイント

■転職する際のポイント:
①クライアントに多くのレガシー企業が多く、かつCMT自体が動きが遅い組織であるため、「大規模だが期間の長いプロジェクト」が多い。
②英語案件も非常に多くあり、組織が大きいためアサイン可能性がある案件数が最も多いため、必ずといっていいほど自分がやりたい案件は存在する。
■転職するには?
①CMT領域で知見があり、英語か学歴があればよい
■ネガティブ・激務情報(概要):
①動きがとにかく遅いこと。アクセンチュアとは思えないスピード感の部署もある。

激務情報

■激務情報:アクセンチュア コンサルティング部門の標準的な部署で、約60時間/月の残業時間になります。
ただ、上司が少し大企業的な人が多いため、社内でストレスを感じるかもしれません。

その他概要

■全体像:複数のMDがそれぞれの領域で大きな力を持っている。

CMTは通信・メディアハイテク領域の部門であり、クライアントも日本を代表するレガシー企業が多い。

特に、大手通信会社や大手メディア、そして日本を代表する大手ハイテクメーカー(一部、PRDとかぶるが、T芝等のハイテク会社はCMTが担当)へのコンサルティングができる。その分社会的影響力も大きく行使ができる。

■案件例:例えばだが、大手通信会社の次世代プラットフォーム戦略や古典的な人事業務の自動化等の案件を筆頭に、本当に様々な案件がある。

所属人数が多いので、本当に実施しようとすればなんでもできる。

特に、今レガシー企業は、属人的な非効率は業務が多く改善ポイントが大量にある。

例えば人事領域では、「採用において、書類選考や面説調整等の比較的人が介在する必要がない領域の自動化」や「タレントマネジメント」等でコンサルティング案件を実施している。

■組織や社風:結構日系。正直組織が大きいので、社内政治や組織マネジメント力が必要。

また、組織が大きい分売り上げも大きく、社内のステータスも高い。その代わり動きが結構遅く、アクセンチュアのPRD部門と比較してスピード感がたりない。

■魅力:働き方は比較的よい。クライアントは、某大手広告代理店を始め激しい働き方を求めてくるが、人材の数が多く融通が聞き安い。

■人材の質:MCとTCは優秀。 ASも優秀。そのため、総じて結構優秀。また、英語ができる人はグローバル案件もたくさん実施できる

■ネガティブ・激務情報:CMTはよくもわるくも、大組織なので動きが遅い。また、上司によっては、根回しを必要とし、少し違和感を感じることも多い。




その他アクセンチュアの部門の詳細

アクセンチュア(コンサルティング部門/エネルギー電力領域/RES)(激務度:★★☆)

アクセンチュア(コンサルティング部門/官公庁部門/HPS)(激務度:★★☆)

アクセンチュア(コンサルティング部門/金融/FS)(激務度:★★★)

アクセンチュア(コンサルティング部門/製造流通部門・PRD)(激務度:★★★)

アクセンチュア(ITS:開発部隊)(激務度:★★)

アクセンチュア(ストラテジー)(激務度:★★★★)

アクセンチュア(管理部門)(激務度:★)

アクセンチュア*続き(激務度:★★★)

アクセンチュア*概要(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

コンサルティング業界の書類選考通過可能性測定ツール(β版)

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308

転職活動に疲れたあなたに!!

トリバゴで旅行にでも行ってリフレッシュしましょう!!

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』






Pocket

アクセンチュア(コンサルティング部門/官公庁部門/HPS)(激務度:★★☆)

Pocket

アクセンチュア(コンサルティング部門/官公庁部門/HPS)について

アクセンチュアの中でも、大手官公庁や大手インフラ系企業で多くのコンサルティング実績をあげているHPS。
最近デジタル系の面白い案件もたくさん実施しているのだが、組織の特性上非常に口が硬くあまり情報がないが、ここで情報提供を実施します。


ハルキのポイント

■転職する際のポイント:
 ①官公庁向けの案件従事が可能。官公庁はマイナンバー制度の関連や様々な非効率なものがあるため、改善余地が大きい。
②官公庁だけあり、動きが非常に遅いため、いかにコンサルが入って物事をうまく進めるかが重要。
■転職するには?
①年収が高くない
②動きが遅い
■ネガティブ・激務情報(概要):
①SCM領域には他に強いコンサルファームがある。
②組織が大きくなっているので、すこし問題がある上司がいる。

激務情報

■激務情報:相手が官公庁でそこまで無茶なことを言わないため、いうほど忙しくなない。
だいたい月の40〜60時間程度が残業時間の目安。

その他概要について

■全体像:MDの2名が実質的なトップ。

大手官公庁と大手インフレ系(航空会社が多い)向けのコンサルが非常に多い。

官公庁も実はそうだが、システムにミッションクリティカルな要素が大きく、何かトラブルが起きても何重にも防波堤を設置しているようなシステム構築が多い。

大手インフラ系の企業は、業務改善と一緒に戦略立案系も実施している。

官公庁は大枠の上流工程は、マッキンゼー、BCG、カーニーあたりがよく作っているので、各省庁の細々とした戦略立案補助が多い。

*中でもカーニーの梅沢さんの力は絶大。余談だが、各省庁には差異があり、経産省は新しいもの好きなため、アクセンチュアのコンサル案件も比較的多い

■案件例:例えばだが、航空会社の業務プロセスをITを用いて効率化したり、航空機整備のための部品の最適化等を行っている。

また、官公庁向けではマイナンバー等の国が管理している情報をうまく活用し、各省庁の業務改善系を実施している。

尚、官公庁は国の方針で、「国家戦略の策定補助は、外資系企業に依頼できない」というものがあるが、「国防上重要な案件」や「本当に重要な国家戦略案件」のみであり、それ以外は結構外資系ファームにも依頼している。

■組織や社風:一言で言うと非常に硬い。

また、階級社会である。アクセンチュアのボトムアップの組織風土はもちろん存在はするが、想像以上に縦社会。ただし、所属している人の人柄はよいので、そこまで圧迫感とうはないと思う。

■魅力:働き方はよい。特に、クライアントが17時に終わったり忙しくないので、アクセンチュア自身も忙しくない。また、官公庁の面白い案件も実施できる。

■人材の質:MCとTCは優秀。 ASはあまり過去実績がないが、官公庁向けのシステム開発をしている人が合格しやすい。

また、この部門は学歴を重要視するため、MARCH以上の人しかいない。また、官公庁は今システム系が案件が大量にあるので、ITアレルギーがある人は所属していない。

■ネガティブ情報:HPSは官公庁むけらしく、動きが早くなくてコンサルティングファームいることにギャップを感じると思う。また、年収もそこまで高くないので、それも注意が必要。




その他アクセンチュアの部門の詳細

アクセンチュア(コンサルティング部門/通信メディアハイテク領域/CMT)(激務度:★★★)

アクセンチュア(コンサルティング部門/エネルギー電力領域/RES)(激務度:★★☆)

アクセンチュア(コンサルティング部門/金融/FS)(激務度:★★★)

アクセンチュア(コンサルティング部門/製造流通部門・PRD)(激務度:★★★)

アクセンチュア(ITS:開発部隊)(激務度:★★)

アクセンチュア(ストラテジー)(激務度:★★★★)

アクセンチュア(管理部門)(激務度:★)

アクセンチュア*続き(激務度:★★★)

アクセンチュア*概要(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

コンサルティング業界の書類選考通過可能性測定ツール(β版)

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308

 



 




Pocket