Pocket



キーエンスは株式投資すべき株

 

BtoBのIoT筆頭であるFA機器の雄

 

こんにちは。HARUKIです。

本日は、国内株式市場で投資すべき株式会社キーエンスについて説明します。



 

キーエンスについて

 

会社概要:株式会社キーエンス

業務内容:工場で使用されるFA(Factory Automation)という、単純業務を自動化するセンサーを開発・販売している。設立年月日:1974

従業員数:5670人(2017/03期 連結)

主な競合(サービス名):ファナック、オムロン、コグネックス

 

キーエンスは、20代で家がたち30代で墓がたつと言われいる非常に有名な企業で、ファブレス経営・管理営業・開発等様々なキーワードで目立っているいます。

まず、HARUKIが何よりすごいと思うのが、まずは目をつけた事業領域です。

キーエンスは、今までブルーワーカーがやっていた単純業務を自動化するセンサーでBtoBのIoT筆頭。このFA機器で国内NO1になっています。

 

キーエンスの競争優位の根源は、開発体制と営業管理体制

 

HARUKIが思うキーエンスの競争優位の源泉は、開発体制と営業管理体制がともに優れており、シームレスに繋がっていることです。

その結果、下記のような画期的なPLが実現ができていると思います。

 

決算期 2017年3月
売上高 316,347
売上原価 60,478
売上総利益 255,869
 売上高総利益率 80.9%
 販管費 86,119
営業利益 169,750
営業利益率 53.7%

 

PLでもっとも驚くのがこの売上高総利益。なんと80%を超えています。これは、

 

・原価の5倍の価格で商品を売っていること

 

ということです笑

なぜこんなことができるのか。それは一言で行くと「付加価値」をつけているから。

ではどのような付加価値をつけているのか。

それは、

 

①営業が顧客のニーズを吸い上げて、表面的なニーズではなく根本の課題を特定

②すぐ開発がそれを開発し、顧客が使いやすい使い方で課題を解決できる応用力のある商品を開発

③営業がダイレクトで、優れた商品を顧客に販売

 

ということができているため、多少高いものでも驚くほど売れていると思っています。

もちろん、B toBの方がお金を自分のお金でない分出しやすかったり、販売商品がセンサーというコンサルティング営業色が強い製品ということもありますが、本質は開発と営業がシームレスに繋がっていることだと思っています。

 

次に、HARUKIが推奨する投資すべき企業である企業かどうかの5条件を見ていきましょう。



HARUKIの5条件

 

①その事業領域でNO1である。

→FA機器のセンサー市場ではNO1です。

②労働集約事業でなく、指数関数的に業績が伸びる

→一見すると完全に労働集約です笑ただし、一つ注意すべきなのがこのFA市場で、FA市場は現在大手6社で約5000億円の市場があるのですが、世界レベルでみると毎年この市場が伸びています。

それは、人でやっている単純作業をFA機器にさせた方がとくということ。

特に、センサーの使い方を各企業の生産管理部隊が覚えると、顧客が勝手に使い方を覚えるフェーズになり、かつリピートも増えているのでしばらくは業績が伸びると想定しています。

③一定規模の市場がある

→日本の大手6社で約5000億円。ただし、製造業のFA機器で代替できる領域全てが対象なので、推定市場規模は数兆円はあります。

④経営者が優秀

→滝崎さんはメディアにでないので、経営者が優秀かは不明ですが、これだけ生産性が高い組織を構築し、特に大企業病にかかっているという噂もないので、引き続き安泰だと思います。

⑤参入領域の中で、利益率が非常に高い

→利益率は業界の中では非常に高く50%もあります。驚異的です。同じ製造業のトヨタが8%程度なので、おどろく会社です。

 

キーエンスはBtoBであまり知らない人も多い会社ですが、隠れた優良企業なので、皆さんも是非投資してください!!

 

Harukiオススメの投資はこちら!!

【オススメ度:★★★★★】WealthNavi (「ウェルスナビ」)でお手軽国際分散投資〜世界経済の成長を取り込む〜

投資するならオススメの「楽天証券」

 

 




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA