Pocket



仮想通貨銘柄になったSBIホールディングス

仮想通貨関連筆頭株式であるSBIホールディングス

 

こんにちは。HARUKIです。

今日は、最近仮想通貨関連で大きく値をあげているSBIホールディングスについてです。



 

リップル(XRP)と協業してRCクラウドを作っていることにで圧倒的な株高を実現

SBIホールディングスの株価は下記のように急激に上がっています。

 

最近もちょこちょこニュースでSBIの株価が上がっているのですが、2017年11月に株価が急激に上がり始めたのは、リップル社と協業して立ち上げた「SBI Ripple Asia」のRCクラウドというサービスです。

 

このRCサービスというのは非常に画期的であり、リップルの送金技術を使って主に「海外向けの送金時に発生する様々な問題(取引時間、手数料、送金時間)を各国の主要な銀行と連携して解消する」というクラウドサービスです。

 

そして、このサービスがすごいのはすでに、イングランド銀行・インドネシア銀行・三井住友銀行・アメリカンエクスプレス等様々な、中央銀行・商業銀行・決済会社と連携をしていることです。すでに試験的な動きは徐々に動き始めています。

 

RCクラウドを活用すれば、送金コストが最大60~90%削減される

 

RCクラウドを活用することで、各国銀行間の取引がRCクラウドを介して信頼性を担保した状態で直接繋ぐことができるため、非常に高速にも関わらずコストを抑えて送金が可能です。

 

ところで参加している銀行や決済会社の参加理由

HARUKIがずっと気になっていたのは、海外送金に参加している銀行や決済会社です。参加して仮想通貨が普及すれば、銀行や決済会社にとってとって脅威なはずなのになぜ??と思っていました。

 

銀行の参加するメリット

・送金コストの削減

・新しい海外送金の相手先獲得による収益の増加

・取引クライアントの満足度工場

決済会社の参加するメリット

・現金決済以外が増加することによる収益機会の拡大

・新しい海外決済の相手先獲得による収益の増加

 

銀行や決済会社のデメリット

・仮想通貨が発達して、銀行や決済会社を介さず海外送金や決済が行われる

 

こうやってメリットとデメリットを比較するとわかりやすいですが、リップル社は銀行や決済会社と共同でシステムを開発することで、銀行や決済会社のデメリットを消去し、各銀行や決済会社の参加意欲を醸成させることに成功したと思います。

 

改めてすごい!!リップル社!!

Harukiオススメの投資はこちら!!

【オススメ度:★★★★★】WealthNavi (「ウェルスナビ」)でお手軽国際分散投資〜世界経済の成長を取り込む〜

投資するならオススメの「楽天証券」

 




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA