Pocket

株主投資でお金持ちになるには

今資産形成をするには株式投資がよい

 

こんにちは。HARUKIです。

ここでは、いつものコンサルティング業界情報の提供ではなく、実はHARUKIの得意領域である「株式投資」を息抜きコンテンツとして説明します。

 

資産形成をするなら「事業家」か「投資家」になるしかない

「金持ち父さん貧乏父さん」でもよく言われる話ですが、資産形成をするなら労働者として、労働に必要な最低限のお金を確保するのではなく、基本的には以下2つのパターンどちらかを選ぶしかないと言われれいます。

 

・事業家になる。

→特に、節税で無駄な支出を減らしつつ、ビジネスの仕組みで自動的にお金が入ってくる流れをつくることが重要と言われます。

 

・投資家になる。

→これは言わずもがなですね。中世から貴族階級やお金持ちはすべからく投資家であったように投資は労働よりも効率よくお金を稼ぎます。最近流行ったトマピケティの本でもそうですが、資本収益率(株式や不動産から得られる収入)をrとし、経済成長率(労働者が働いて得ることができる給与等)をgとした場合には、

・r>g

が成立するというもの。

つまり、お金持ちと労働者の格差は時間がたてばたつほど広がるということになります。

 

そして、ここで大事なのが、

 

・「一般の人はビジネスを作るのは難しく、少額でもお金を投資できる株式投資家になるしか、資産を作る方法はない」

 

ということです。*投資には、不動産投資等もあるが、資金力が必要なためここでは、株式投資に焦点を当てます。

少し話が長くなりましたが、皆様にお伝えしたかったのは、

是非株式投資をしましょう!!

 

ということです笑

*もちろん、株式投資で成功した場合は、資金額は必要なものの不動産投資も安定した収益を持てるので、資産ポートフォリオとして不動産投資を実施することを推奨します。

(HARUKIは、仮想通貨やその他投資もがっつりしていますが笑、ここでは一旦株式投資のみに焦点を当てます。)

 

そして、次に株式投資といっても、様々な投資方法があります。ここで長々説明してもよいのですが、それは別サイトの譲るとして笑、HARUKIのお勧めは以下2つです。

 

①人口増加が続いており、今後もGDPが伸びることが間違いなく、GDPの伸びに比例してほぼ株式価値も上がる「アメリカ株」・「中国株」を購入する

 

②一番身近でかつ情報収集をできる「日本株」に集中して資金を投入する

 

 

簡単に①と②のHARUKI観点でのお勧めをお伝えすると、

 

①:市場平均に連動するETFのようなものに投資する。

②:日本株式の中でも成長している「バイオ」・「半導体」・「IT」等の伸びている市場の中で、「NO1」の企業に投資する

 

ということです。

 

まず、①に関して補足ですが、本当は個別銘柄に焦点を当てるとアマゾンのように非常に伸びている銘柄も多く、個別銘柄に焦点を当てるのが面白いのですが、アメリカや中国株は取得情報が限定的で慣れがないと正直難しいです。そのため、市場全体としては伸びることは間違いないので、市場に連動したETFのようなものに投資するのがベストです。

 

次に、②に関して補足ですが、まず日本は今後労働人口が減っていく中で、株式は市場全体として右肩上がりになるかはわからないので、成長市場に投資すべきです。また、その中でHARUKIの持論なのですが、「その事業ドメインのNO1企業が圧倒的に成長する」ということがあり、実際株式市場でも成熟産業以外はその傾向が強く、NO1の企業がNO2の企業を引き離すためNO1の企業のみに投資すべきです。

 

上記だけだとわかりにくいと思うので、今後は上記の詳細をこのコラムで伝えていきたいと思います。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA