Pocket



転職エージェントとの付き合い方と見極め方

転職エージェントとの付き合い方

 

こんにちは。Harukiです。

今回は、正しい転職エージェントの付き合い方と転職エージェントの見極め方について記載します。



まずは、簡単に転職エージェント利用の流れを記載します。

 

①各社のサイトで個人情報を入力

②転職エージェントから電話・対面日程調整の連絡がくる

*ここで、転職できる基準に満たない方はサービス提供ができないと言われてしまします。

③エージェントと面談をし、転職希望や今後の流れについて説明・コンサルティングを受ける

④応募企業群の選定

⑤応募企業用のための履歴書・職務経歴書添削、及び面接対策

⑥面接後の結果とFB、及び面接対策

⑦内定時の条件交渉

 

ここで、大事なのは、③〜⑥です。⑦はだいたい誰でも一定できるのと、そこまで交渉スキルを求められないので、③〜⑥が非常に大事です。

また、少し厄介なのが

・転職エージェントは、感情で転職支援の度合いを決める

 

ということです。

これは、非常にやっかいですが、逆に

・「転職市場価値がそこまで高くない人でも、転職エージェントに気に入られれば丁寧なサービスを受けることができ、結果として合格可能性があがる」

 

ということです。

この特性をうまく利用しましょう。そして転職エージェントのテンションがあがるのは主に、

 

①業績に直結するような人かどうか?

②一緒に業務をしていてやりやすいか?

③応援したいと思える人か?

 

の3つに集約されます。もちろん①〜③の構成要素は人によって違いますが、ほぼこの①〜③で構成されています。そして、この①〜③を具体的に言語化すると

 

①−年収が転職可能性が高いボリュームゾーンか?(400万円〜1200万円)

−転職意欲が高くすぐ転職したい人か?また、その転職理由が存在するか?

−相談する転職エージェントに合致する求人が存在するか?

②−あまりクレームをいわない/添削も部分的でよい/メールのレスポンスも早い等/連絡回数が適切(多すぎても少なすぎてもだめ)

③−転職理由が明確で、エージェントが応援したい人か?

 

となります。特に、②や③は相談者の意識次第で結構変化するので、上記のような行動原理で転職エージェントが動いていることを意識しましょう。



転職エージェントの見極め方

上記に正しい付き合い方は記載しましたが、転職エージェントとの見極め方も非常に重要です。

如何に正しく付き合っていても、転職エージェントがポンコツだとだめです笑

そのため、見極め方についても記載します。こちらは割と簡単です。

 

①今まで何人の転職相談にのって転職を実現させてきたか?

*やり方が色々あるので一概にいてませんが、転職率が1%を切っていたら担当を変えましょう

②こちらからの要望に的確に返信をして答えてくれているか?

③転職したい業界に詳しいか?

 

です。特に①は大事で、①がよければある程度②と③が悪くても機嫌を取っていた方がいいかもしれませんね。

自分の人生がかかっているので、実績のある転職エージェントに相談できるのは非常に心強いと思います。

 

皆様も是非よい転職活動を!!

 

その他記事

転職エージェントとの付き合い方と見極め方

転職エージェントの違いについて

 



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA