Pocket



最近のトピックス

コンサル業界に転職するためには??

こんにちは。Harukiです。

今回は、「コンサル業界に転職するには??」というテーマで記載させて頂きます。

現状、ご存知の方も多いかもしれませんが、コンサルティング業界はその業績の好調に紐づき、コンサルタントの中途採用を非常に注力

しています。

 

■コンサルティング業界は、採用の勢い衰えず、更に加速

ここ数年での日本経済の回復、ビジネススキームの「変革」、各業界のプレイヤー(主力企業)の交代など、ビジネス環境の変化に応じてコンサルティングファームのプロジェクトも増加しています。 単純なIT導入で終えるプロジェクトよりも各種経営、業務の課題解決とそれに紐づくITプロジェクトといった広く難解なテーマのプロジェクトが増加している傾向にあります。合わせて、業界全体が拡大傾向にあり、多くの企業では今後数年の間(3ヵ年計画や2020年まで)に向けての人員計画を立てており、いずれの企業も大幅な人員増強を計画しています。

参考:http://www.jac-recruitment.jp/market/it/14121001.html

 

実際、中途採用における採用人数を足すと、2017年度で

・合計2000~3000名程度の転職枠がある

 

と想定されます。

これだけで1つの会社ができそうですが(笑)、それくらいの転職枠があります。

 

では、そのようなコンサルに入社するにはどのようなことをすればよいのでしょうか?

勿論会社と会社の部署ごとにポジションが異なりますが、まずは各ファームごとの転職に必要な共通項を記載すると

 

■戦略ファーム

・MUST:早慶以上の学歴、23~40歳くらいまで、

・WANT:TOEIC800点以上、転職歴は5回くらいまで、職種は企画寄り、公認会計士等の資格がある、大手企業の出世部門にいる

 

■総合系ファームのコンサル部門

・MUST:日東駒専以上の学歴、23~50歳くらいまで

・WANT:TOEIC700点以上、転職歴は5回くらいまで

 

■総合系ファームのIT部門やITコンサル

・MUST:SIerやエンジニアとしての、会社経験。*特殊な技能を保有している場合は別

・WANT:アプリ経験、ネットワーク経験、セキュリティ経験、デジタル経験等

 

となります。

 

みなさん気づかれたことがあるかもしれません。。。。。。

・MUST要件に学歴が入っている・・

 

と。正直これは、日本でTOP3に入り、かつコンサルに活かせる能力を保有していない限り、学歴フィルターは存在します。

そのため、転職しようにもご自身の学歴に応じて転職先は限られます。

どうしても、戦略ファーム等の学歴が必要なファームに転職したい場合は、

 

・MBA留学

 

が必要になります。しかも、それこそハーバードやMIT等の最難関の大学に入る必要があるため、非常に難易度は高く、限られた人にしか門扉が開かれておりません。。。

 

また、総合ファームのコンサル部門の場合は、どうしても入社したい場合は、転職エージェント等をうまく活用すれば入社可能性は高めることが可能です。なお、総合ファームのコンサル部門の場合は

 

・面接を受けるタイミング

 

によって、入社可能性が劇的に変わります。

そのため、どうしても入社したい方は、ぜひ最適なタイミングを見計らって受けてください。

 

そして、個人的におすすめなのは

 

総合系ファームのIT部門やITコンサル

 

です。ここは、エンジニアとしての知見がある若手であれば入社が非常にしやすいため、どうしても総合系のIT部門に入社したい人は、一旦エンジニアバックグランドとしてのキャリア形成をして、上記のファームに転職することをおすすめします。特にアクセンチュア等は、毎年採用人数を増やしているので、おすすめです。

 






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA