Pocket



「シノケンのアパート経営説明会」

不動産投資で有名なシノケン

こんにちは。HARUKIです。

最近、かぼちゃの馬車事件で逆に不動産投資に興味を持ちました。

今回の事件で「不動産投資=怖い」という印象をもった方も多いかもしれませんが、株式投資でいう「リーマンショック」のように、市場が下火の方がチャンスが多いということですよね。

また、個人的に最近なぜか資産家の方とお話する機会が増えてきたのですが、

お金持ち=不動産投資をしている

 

ということに気づいたこともあり、以前から電話で相談をしていた「シノケン」の説明会に行ってきました。

*佐々木蔵之介さんが一時期CMしてましたよね。

 

ということで、今日は「シノケン」の説明会の様子を記載しようと思うのですが、皆さんそもそも「不動産投資の特徴」って知っていますか?



不動産投資の特徴(メリット)

主に、以下5つの特徴があります。

 

①定期収入を得られ、ローン返済後は資産を得ることができる

②老後の年金対策

③生命保険効果

④節税効果

⑤インフレに強い

 

簡単にそれぞれ説明をします。

 

①定期収入を得られ、ローン返済後は資産を得ることができる

→不動産投資はいわずもがな、不動産の管理や入居者の集客さえ外部の業者に任すことができれば、不労所得の「定期収入」を得ることができます。また、ローンを返済後は、子供に残せる資産も取得することができます。

 

②老後の年金対策

→皆さん、老後の年金は暮すのに十分な額ですか?少子高齢化の影響で財源はなく、年金は年々額が少なくなるか支給年齢が引き上げられているため、おそらく大半の方が年金支給対象の年齢になっても年金額は足りないと想定されます。そんな中、30〜40歳で不動産を保有し、ローン返済後の65歳から家賃収入を得ることができれば、年金と同じような効果を得ることができます。

 

③生命保険効果

→不動産を購入する際には、「団体信用生命保険」に入ります。これは、万が一ローンの借手(債務者)が亡くなっても、ローンの債務が免除になる保険です。そのため、ご家族に定期収入を産む不動産を残すことができ、実質的な生命保険効果と同じになります。

 

④節税効果

→これは二つ見方があります。1:資産家の方の現金を不動産に変えることで、資産を圧縮できる。2:不動産投資の際の経費分、税金を安く済ますことができる。 HARUKIも早く1になりたいですが、大体の方が2なので、2について説明します。まず、不動産は資産価値が年々低下するため、「原価償却」という経費勘定で、毎年経費を計上できることが法律で決まっています。ただし、これだけですと不動産収入の収入が多いとプラスになり、利益がでます。利益がでると(一部の金利返済は除く)、課税対象になるのですが、不動産投資に必要な「交際費・修繕費・交通費等」は事業経費に計上できるため、普段使うお金の一部を経費にでき節税効果があります。

 

⑤インフレに強い

→不動産は、インフレに強い効果があります。好景気には金利と物価があがります。金利があがると、金利負担は増えるのですが、概ね好景気で家賃もあがるため、金利負担を相殺できます。これから日本は安部政権で好景気を黒田総裁と共につくりだそうとしているため、インフレ対策ができる不動産は魅力的です。

 

また、上記5つの特徴に加えて、現在は「銀行の金利が安い」という、お金を借りるタイミングとしては適している時勢です。

 

さて、上記のような不動産投資ですが、もちろんデメリットもあります。

 

不動産投資の特徴(デメリット)

主には下記3つがあります。

 

①想定していたより入居者が少ない

②物件が悪く、修繕費等が大きくかかる

③地震・火災や入所者の自殺による不動産の負債化

 

上記はわかりやすいので割愛します。

そして、3つ目は保険でカバーできるので、主な留意点は①と②になります。

 

さて、そんな中、「2年連続日本でのアパート経営実績NO1」のシノケンの特徴はどのようなもの

なのでしょうか?



 

シノケンの特徴

シノケンは、ずっと熱心な担当の方から電話を受けていたので(あまり優秀ではないが、不親切ではないww)、

特徴は知っているつもりでしたが、簡単にいうと

 

(1)年収アップと節税効果で証明する⇒お客様リピート率50%(紹介含)
(2)都心デザイナーズ物件専門だから⇒入居率98%のサポート実績
(3)ジャスダック上場シノケングループ⇒業界最長35年間空室保証

 

ということです。また、しつこい電話営業がないというのも非常に嬉しい特徴です。シノケンには、よくある

・しつこい電話営業

はなく、友人からの紹介等やこちらから資料請求をして、話を聞きたいといわない限りあまりアプローチはないため、他の不動産投資会社よりは信頼ができました。



シノケンのアパート説明会

さてさて、上記の特徴があり、以前資料請求していて知っていた営業からの勧めもあったので、東京浜松町の近くにある説明会に行ってきました。

まず、ビルの1Fにつくと、いかにも不動産営業の担当者が立っていましたww

しかし、シノケンらしくあまり表面的にはガツガツはしておらず、そのまま50名くらいが入れそうなセミナールームに誘導されました。

営業は若い方が多く、年配の人やお金を持っていそうな人にはそれなりの人がつくものの、そう見えない(HARUKIもそうですがww)人には若手の方がつきました。はっきり行って営業は微妙ですが、不動産投資でもっとも大事な「物件」・「管理」の2つはしっかりしていそうでした。

説明会では上記のような不動産投資の説明を始め、

 

・これから1人くらしの人が増えること

・東京や大阪等の首都圏にのみ賃貸ニーズがあること

・賃貸ニーズのある物件は、「駅近」・「デザイン性があること」

 

等について、教えてくれます。確かに、どれもその通りだとおもいます。

そして、シノケンはグループ全体で、様々な不動産関連会社を保有しており、不動産のフロー所得よりは、ストック(不動産管理等)で収益を打ち出す方針らしく、投資物件購入の際は、購入者に負担をかけないようにしているとのことでした。

個人的には上記は営業トークと思いますがw、

 

・35年空室保証

・日本NO1の実績

・管理会社も保有しており、管理がしっかりしている

 

という点は評価できると思います。

HARUKIの周りで不動産投資をして成功しているものとだいたい同じようなことを言っていることもあり、割とよいかもしれません。

 

ということで、アパート経営以外にもマンション投資等を聞き、実際に不動産の物件紹介とシミュレーションをしてもらいました。

*ここからは、個人的が特定されないようにするため、あまり詳細がかけません笑

 

すごーく、いいずらいのですが、都内の一等地で1LDKと1Kを紹介してもらい、4000万円台後半。

最近いろんな物件をみていますが、正直「適正価格」と思います。

シノケンは個人的な感想でいくと

 

・営業はそこまで優秀でないが、悪い人ではない

・紹介物件は良い

 

と判断できそうです。

管理もしっかりしているので、一度説明会に見てはいかがでしょうか???

 

アパート経営のシノケン

頭金0円!土地なしでもできるシノケンの不動産投資


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA