Pocket



アクセンチュアの面接対策〜コンサル業界のプロのharukiが伝える〜

アクセンチュアの面接には癖がある

 

こんにちは。HARUKIです。

今日は問い合わせの多い、アクセンチュアの面接対策について説明します。

アクセンチュアも他のファームと同じく部門ごとに面接の特徴がありますが、概ね共通項としては以下のような面接をされることが多いです。

 

面接のポイント

面接では以下が重要と言われています。

 

■基礎スキルや最低限の人柄があるか

【スキル】

・論理的思考力

・業界知見

・ファシリテーション能力

・リーダーシップ能力

【人柄】

・ポジティブな人柄

・正しいことは正しいと言える人

・相手の意見を傾聴できるか

 

■コンサルタントやアクセンチュアの理解ができているか

【コンサルタントへの理解】

・コンサル業務そのものの理解

・労働時間が長くなることがあるが問題ないか

・クライアントには働いている時間ではなく成果でバリューを発揮しないといけない

・コンサルは意見を言わないと価値がない

・コンサルは、意見を言わないといけないがあくまで参謀

 

【アクセンチュアへの理解】

・戦略から実行まで一気通貫でコンサルできることが最大のクライアントへのバリュー

・純粋な戦略や業務改善では他のコンサルファームには勝てないため、テクノロジーが必須

・成長しない=死、成長はマスト

・アメリカが本社ではあるが、日本から情報発信をバンバンできる人が多い

・女性等の多様性を尊重している

・実力社会ではあるが、大きな組織になっていることもあり、上司に気に入ってもらえるような人柄・能力があるかは大事

 

■コンサルタントやアクセンチュアへの意欲

【コンサルタントへの意欲】

・コンサルタントを長い時間軸で続けたい理由が明確

・コンサルタントになって何を成し遂げたいか

・コンサルタントはあくまで意思決定の支援者であるが、そこに魅力を感じるかどうか

 

【アクセンチュア への意欲】

・BIG4や総合ファームがある中でなぜアクセンチュア で働きたいのかが明確

・デジタルやテクノロジーの力を活用できるアクセンチュア に入社して何がしたか明確。

 

上記を確認して、皆さんも是非面接頑張ってください!!

 

 



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA