Pocket



最近コンサルタントが多すぎて、転職市場に人が溢れてきた件について

最近コンサルタントの募集が多すぎる事実

こんにちは。ハルキです。

最近周りの転職エージェントとも情報交換していて気づいたのですが、

 

・最近コンサルタント出身者が多すぎて、コンサルタントの価値が落ちているかも。。。

 

と思いはじめました。

といっても、相変わらず転職マーケットでは人不足ですし、コンサルニーズは高いのですが、いかんせんコンサルタントが増えすぎてますね笑

ビジネスでも供給過剰になると商品価値が下がりますが、労働市場においても供給が多すぎるとビジネスサイドと同じ現象になります。

ただ、たしかにアクセンチュアさんや総合系ファームの採用人数が短期間で1000名以上増えたとはいえ、企業のコンサルニーズも高まっているのですが(コンサル出身者はやっぱり活躍します)、以前 BCG出身者が三井物産の中途採用に書類選考のフェーズで落ちることはなかったのですが、今は結構落ちているようです。

衝撃!(求めるものが変わっているのも事実)

まぁ、元々転職希望者が多いのコンサル業界の常ですが、最近ちょっと多すぎて一部の人気企業に人が集まりすぎですね笑

もっとベンチャーとか、vcからお金を出してもらい起業とかする方がよいとは思います。

そして、コンサル経由で引き続き起業したい人にはチャンスです。

しかも大チャンスがあります。

VCからお金はたくさんでるでしょうし、コンサルの経験は確実に活用できます。課題整理能力/問題解決能力/資料作成能力は、高ければ高いほどビジネスパーソンとして有利です。

一方で上記のように大企業に転職したい人は、少し難易度が上がっているのは事実なので、行きたい転職先のポジションがあけば、早期に転職するのがよいかもしれません。

是非、現役コンサルの方は出口戦略を意識してください。



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA