Pocket



株の必勝法??

勉強熱心だった株の必勝法

こんにちは。HARUKIです。

 

最近多分五年以上前の昔のメモ帳を見ていました。

昔から資産運用には興味があったのですが、かなりいろんな本を読んでいて自分なりに株を買うときの注意点は気にしていたみたいです。

◼️昔のメモ

株購入時は以下に留意

・ボラリティの低いときは投資リスク低い

・出来高も大きくて新高値を更新すると本物っぽい

・赤字脱却企業を狙う

・リストラ株は買うな

・政策恩恵株は買う

・競合優位性が高い企業は買い

・オンリーワン株は狙い

・業績伸びる所はもつ

・株価の上昇目標値は二段波動論で

・Rciはボラリティが低い時のみ有効

・売りあげがのびてないと利益を継続的にあがってこない

Rciとか指標は懐かしいですね。笑

僕は現在一切見ていないのであまり参考にならないですが、業績が伸びる株やリストラ株は買うななど、今も使っている投資手法はすでに大昔に確立されていたのですね笑

上記のコメント(メモ書き)は、意味不明なものもあるかもですが、現時点でハルキ的に意味があるものだけまとめますと、

・出来高も大きくて新高値を更新すると本物っぽい

→これは昔からよく言われている真実ですが、時間軸を五分とかにしたらだめです笑一年くらいにして、かつ最高値から5%くらいは高くならないと、ダマシに会う可能性もあるので注意が必要です。

・赤字脱却企業を狙う

→株は結局期待値なので、赤字企業が黒展(特に予想外の黒字)すると大変よいです。ほぼ確実に予想外の黒字化は株価暴騰します。ただ、事前に予測するのはインサイダーでもない限りかなり難易度が高く難しいですが、よーく企業のことを見ていればわかる場合があります。

・リストラ株は買うな

→これ本当に注意です。特に1つ前の、赤字企業が黒字化するときに、リストラによるコストダウンで無理やり黒字化した場合は単年度は業績が良くなりますが、中長期の競争優位性は回復していないので注意が必要です。

・政策恩恵株は買う

→これも正しいですね。日本株の場合インバウンド関連はこれにあたるので、テーマ株は買いです。ただ、全ての政策恩恵株があがるわけではないので、個別企業はしっかり詳細を見てください。

・競合優位性が高い企業は買い

→ウォーレンバフェットも言っていますが、ウォール(塀)があると買いです。間違いないです。ただ、ウォールがあってもいつの間にかウォールがなくなることもあるので注意が必要です。

・オンリーワン株は狙い

→これは物によりますがまぁまぁ大事ですね。ただ、市場規模が小さいと株価は伸びません。オンリーワンのナンバーワンなら利益はでるので、配当狙いならオッケーです。

・業績伸びる所はもつ

→これは業績伸びる株のことでしょうが笑、まぁその通りです。

・売りあげがのびてないと利益を継続的にあがってこない

→これ地味に大事です。稀に売上対して伸びてない企業がありますが、テクノロジーを活用してイノベーションを起こしている場合は別ですが、基本的にはコストカットしているケースも多く注意が必要です。

全体的にみると、まぁまぁ面白いしためになるメモ残してましたね笑

Harukiオススメの投資はこちら!!

【オススメ度:★★★★★】WealthNavi (「ウェルスナビ」)でお手軽国際分散投資〜世界経済の成長を取り込む〜

投資するならオススメの「楽天証券」

楽天証券↓

 

 



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA