Pocket


使える人使えない人〜コンサルティングファームの真実〜

今日はちょっと毒舌チックな記事です。
最近コンサルティングファームに行っても、使えない人が前より多いと事業会社の人に言われることが増えてきました。
主には、
①メンタルやられて本当に使えなくなっている人
もともと微妙な実力にもかかわらず最近の大量入社でコンサルに入ってしまった人たち(アクセンチュアとかビッグ4)
③実力はあるが転職先とフィッしない
等が多いです。
昔は③が多く、①もちょくちょくあったのですが、最近②の苦言を呈される方が増えてきました。
実は、大量採用はアクセンチュアやビック4だけではないのですが、やはりアクセンチュアの一部下駄を履いて採用された人が、今のぬるま湯のアクセンチュアあわず辞めるときにギャップが生まれております。
元々コンサルファームは
・才能ある人が、自由闊達に勝手に成長してバリューを出す
という風土が強い中で、アクセンチュアやビック4(デロイトももちろんただのbig3)の
・採用で失敗しても仕組みで優秀なコンサルを作る
・組織としてコンサルの質を担保する
の戦略に歪みが出ているのたしかです。
一方、コンサルに対するニーズが増え続けているのは事実でもあるので、ただの過渡期の可能性はありますが。

 

アクセンチュアとデロイトのハズレ感がすごい

実は業界では、アクセンチュアはともかくデロイトのハズレ感がすごいと言われております。
能力は引き続き高いのですが、
・IQは高いがEQが低い
という人が多いです。
昔は、そこまで多くなかっただけに少し残念です。
今わずもがな、事業会社では
・頭の良さだけではなく、対人折能力/多様性をうまくマネジメントする能力が非常に重要
です。デロイトの人はここが圧倒的にかけている人が最近よく転職市場に出て困っております。
実際HARUKIの近い人もこれで事業会社に行って
・あの人は年上への口のきき方を知らない。生理的に無理
と言われて、かなり苦労しています。
また、同じくアクセンチュア。
こちらは社風を表しているのか、一定のEQはあるのですが、地頭が・・・笑
とまあ、どっちもどっちもですね。
コンサルにいき、事業会社に最終転職するのであれば、IQとEQどちらも鍛える必要があると思います。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA