Pocket



【転職事例】高学歴でベンチャーに就職したが、環境が悪すぎて悪すぎてDTCに転職→結果HAPPYになった

こんにちは。HARUKIです。

今回は、有名大学で能力があるにも関わらず、就活をなめていた+ベンチャーで働くことにも抵抗がなかった「J氏」の詳細について記載します。

J氏は誰もが知っている、某大手大学卒で非常に頭もよく、メンサ館員にもなろうと思えば慣れた学歴エリートです。

 

大学の友人はみんな優秀で無双状態だったが、関東特有の就活競争に嫌気が指した新卒就活時代

J氏は、中高は関西でしたが、大学から某有名大学に進みました、

サークルは、テニスやダンス等少し派手めの人が多いサークルに所属して(と言っても、高校からのハッチャケ組が多く存在しましたが)、男子高時代のストレスを発散していました。

もともと地頭が大変良いため、単位取得には一切苦労せずに、

 

・大学は入ってしまえばこっちのもの。入学後は、対して勉強もせず良い企業に入って、楽して稼ぐことができる

 

という昭和な考えを持っていました。

ただ、2000年以降は如何に有名校卒と言っても大学のネームバリューだけではなんともならない時代。

大学生活で頑張ったことや、成果が問われることが普通であった新卒の就活では、全く対策もしないJ氏は、まさかの選考で落選続きでした。。

受けても受けても、面接で落ちるという人生で初めての挫折です。。。

また、関東の名門大学であったがゆえに、

 

・大学ランキングと同じような、就活ランキングを気にする同級生や周囲

 

に嫌気が指してもいました。



結局対して有名でもないベンチャーの企画職として入社したものの、同僚のレベルの低さに辟易、また給与も高くないためげんなりしていました。

結局転職したのは、ベンチャーの企画職でした。

一応大手にも受かっていたのですが、営業配属になる可能性がある総合職であったため、新卒から必ず企画配属になるベンチャー企業に就職。同僚は指して優秀でもなく、企画職は自分の特性が活かせる面白い職種でした。

ただし、同僚が3Cや4Pのような基本的なマーケティング用語すら知らず大変幻滅していました。

そんな中同僚の飲み会で久しぶりに知ったのが、DTCに勤めていた大学の友人。

その友人からの話を聞いていると、そこまで激務でない上に、面白い仕事ができDTCはまさに理想の職場。

某大手転職エージェントの力を借りて、TOEIC対策もした結果、見事合格。

転職後は、想像以上に楽しく満足されていました。



 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA