Pocket



KPMGコンサルティング(MC/BT(戦略部門)について

ここからはKPMGコンサルティングの詳細を記載する。KPMGコンサルティングは中々情報がないが、最近転職した友人や関係者にヒアリングして結果をまとめた。

大きくわけると、MCという戦略業務マネジメントコンサル部隊とRCというリスクコンサルティング部隊にわかれる。今回は、MCの戦略部門の話をする。

 

ハルキのポイント

■転職する際のポイント:
①KPMGコンサルティングでも非常に優秀な優秀な人がばかり所属している。
②エネルギーや特定業界の戦略立案は非常に強みがある。コンサル業界でも有名
③グローバル人材しか所属していないので、英語がビジネスレベルはマストでネイティブレベルで使用できるのが望ましい。
■ネガティブ・激務情報(概要):
①優秀な人が多いが給料が低いため、他の戦略部門に行った方がよいと思う。
*英語案件をやりたい場合は別。

激務情報

■激務情報:戦略部門なのでやはり忙しい。月100時間は超えるイメージで入社した方が良い。ただし、KPMGは人間性が良い人が多いので、人間関係のストレスは少なめ。



その他概要について

■全体像:意外に知られていないが戦略部門は非常に優秀である。組織数も数十人と多い。

トップのF氏をはじめとして非常に優秀な若手がなぜか多く、外資系のTIerクラスの人材も結構在籍している。早慶以上でTOEIC900点以上の人が多く、ハーバード大とかに留学する人もいる。

*バイリンガル率は一時期全コンサルティングファームの中でトップであった。

■案件例:KPMGの戦略部門は、エネルギー・ガス・電力向けの戦略立案に非常に強い。

特に、小売の電力自由化等を含め大掛かりな戦略は実はKPMGが仕掛けてきた。

また、バイリンガル人材ばかりなので、非常にグローバル案件も強い。またKPMGはリスク部門が金融機関にJ入り込んでいるため、地銀クラスの戦略をKPMGの戦略部門が請け負うことも多い。

■組織や社風:まあまあ。ただし、KPMGの戦略部門は非常にアカデミックで優等生が多く、優等生の集まりの組織イメージが強い。社風はまあまあよい。ただし、他のファームと同じく戦略なので忙しい。

■魅力:英語案件が非常に多いこと。また、優秀な人も多くグローバル案件もたくさんできるので、非常に面白い。また、エネルギー関係は本当に最上流をやっているので面白い。

■人材の質:優秀層が多い。なぜか、BCG等の元戦略ファーム出身者も在籍するほど非常に優秀である。

■ネガティブ情報:

①国内の知名度が驚くほど低い。戦略も例外ではないため、知名度的に違和感や屈辱感を覚える人は注意が必要

②製造業等の特定領域の超上流(全社戦略立案等)の戦略策定は、実績がそこまでなく弱い

③給料が高くない.KPMGの戦略にいけるくらいであれば、アクセンチュアやBCG等に行った方が給与が高く良いと思う。

④M&A系の案件はすくない。KPMGFASがあるためであるが、M&A系の案件は少ない。まれに、ビジネスDDをKPMGのBTがやっていることはあるみたいであるが、非常に少ないのが実情。




その他KPMGコンサルティングの部門の詳細

KPMGコンサルティング(MC/SSOA/RPA*ロボティックプロセスオートメーション組織)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(管理部門)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(RC/NON-ITリスクコンサルティング部門(激務度:★★☆)

KPMGコンサルティング(RC/リスクコンサルティング部門)(激務度:★★)

KPMGコンサルティング(サイバーセキュリティ)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/商社セクター)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(サイバーセキュリティ)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/FT(財務・会計)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(サイバーセキュリティ)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308

 






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA