Pocket

アクセンチュア(コンサルティング部門/エネルギー電力領域/RES)について

アクセンチュアで最も個性がないRESについて説明。

まあ、中立的な立場でニュートラルということでいえば逆に個性はある。



ハルキのポイント

■転職する際のポイント:
①英語が案件が多い。全体の4割程度。
②エネルギーは旧態依然の業界のため、コンサルの活躍要素が非常に大きい。
■転職するには?
①エネルギー・素材領域の知見が必要。そのため、左記の業界におり企画系をやっている人がベスト。
②英語力があり、ポテンシャルが高い早慶以上の第二新卒であれば可能性あり。
■ネガティブ・激務情報(概要):業界の特性もありまったりしており、かつ給与が低いこと

激務情報

■激務情報:クライアント特性もあり、そこまで忙しくありません。60時間/月が目安です。

 

その他概要について

■全体像:あまり大きくはない組織だが、大手エネルギー会社や電力会社等に張り込んでいる組織。

意外にRES領域のクライアントは、効率が悪い業務を遂行しているため、コンサルティングファームが活躍する余地は大きい。

また、エネルギー会社や電力会社も海外系の案件が数多くあり、英語力を生かすことはできる。

*使用割合は約4割。

■案件例:エネルギー系でいうと「電力自由化」や「素材メーカーの業務効率化」等に関係する案件が多い。

また、電力自由化は、小売自由化の影響で様々なメーカーと国内外含め連携することも多く英語の使用頻度も大きい。一方素材メーカーは、IoT関係の案件が多くそちらも非常にエキサイティングである。

■組織や社風:アクセンチュアでいうとノーマル。比較的残業時間も少なく(平均40~60時間/月)、働き方はよい。また社風も普通の部門なので、普通である。

■魅力:電力自由化や小売の影響で、最先端テーマについてのコンサルティングを求められることが多い。また、上記のようなテーマはヨーロッパやアメリカで最先端事例も多く、グローバルファームのメリットが活用できる。

■人材の質:MCとTCは優秀。 ASも優秀。そのため、総じて結構優秀。また、英語ができる人はグローバル案件もたくさん実施できる。

■ネガティブ・激務情報(概要):

①業界の特徴もあり動きがまったりしている。

②給与がそこまで高くない。




その他アクセンチュアの部門の詳細

アクセンチュア(コンサルティング部門/通信メディアハイテク領域/CMT)(激務度:★★★)

アクセンチュア(コンサルティング部門/官公庁部門/HPS)(激務度:★★☆)

アクセンチュア(コンサルティング部門/金融/FS)(激務度:★★★)

アクセンチュア(コンサルティング部門/製造流通部門・PRD)(激務度:★★★)

アクセンチュア(ITS:開発部隊)(激務度:★★)

アクセンチュア(ストラテジー)(激務度:★★★★)

アクセンチュア(管理部門)(激務度:★)

アクセンチュア*続き(激務度:★★★)

アクセンチュア*概要(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

コンサルティング業界の書類選考通過可能性測定ツール(β版)

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308

 






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA