Pocket

KPMGコンサルティング(管理部門)について

今回は、KPMGの管理部門について説明します。管理部門は、人事・経理・マーケティング・法務・財務・総務等から成立している。



 

ハルキのポイント

転職するのポイント:

①管理部門はコンサルティング部門と違いコスト部門なので、中途を育てるというよりは「即戦力」の人を採用している

②裁量は大きい。ただし、コンサルはできない。

転職するには?

①それぞれの分野で専門性を持っていることが重要。

■ネガティブ情(概要)

①年収が上がりにくい

その他概要について

■全体像:全体的には、他コンサルティングファームと同様1 名あたりの負荷が大きい分裁量が大きく持てる。中途入社はほぼ即戦力性の高い方のみ。最近は、人事に採用で人が増えているらしい。

■それぞれの組織の特徴:

・人事チーム:人事は、採用や制度設計チーム等に分かれているが、最も特徴的なチームは採用チーム。実際ここ数年で相当人が増えているらしく、採用マネジャーや採用担当が多い。特徴としては、少人数の組織なので比較的アットフォームである。

・法務チーム:元々コンサルであった人が上司にいる。上司は非常に良い方らしいので、過ごしやすいらしい。

・社風:採用チームは、RC側はのほほんとしており過ごしやすく、MC側はかちっとしているが、マイクロマネジメントではないため割と過ごしやすいらしい。

■魅力:今非常に採用が伸びているファームなので、それに伴い管理部門のやりがいも増えており面白い。また、まだ小規模なファームなので、裁量も大きい。

■人材の質:まあまあな人が多い。とびきり優秀ではないが、だめではない。また、人間性も良い方が多いのは事実なので、割と万人受けしてすごしやすいファームではあると思う。

■ネガティブ・激務情報:年収がそこまであがらない。また、マネジャー以上であればよいが、それ以下だと不遇をうけるケースもあるため注意が必要。

その他KPMGコンサルティングの部門の詳細

KPMGコンサルティング(MC/SSOA/RPA*ロボティックプロセスオートメーション組織)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(サイバーセキュリティ)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(RC/NON-ITリスクコンサルティング部門(激務度:★★☆)

KPMGコンサルティング(RC/リスクコンサルティング部門)(激務度:★★)

KPMGコンサルティング(MC/銀行・証券セクター)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/商社セクター)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/ITA(IT部門))(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/FT(財務・会計)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/BT(戦略部門))(2017/08/15更新)(激務度:★★★☆)

KPMGコンサルティング(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308

 






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA