Pocket



KPMGコンサルティング(RC/NON-ITリスクコンサルティング部門)について

今回は、RCの中にありNON-ITと呼ばれる部門について説明します。

 

ハルキのポイント

■転職する際のポイント:
①女性が多く活躍しておりワークライフバランスはよい部門
②英語の使用頻度も高い
■転職するには?:英語能力に加えて、事業会社での企画系や法務系(コンプライアンス系がベスト)の経験が必要。
■ネガティブ・激務情報(概要):
①年収が低い。

激務情報

■激務情報:NON-ITはワークライフバランスは良いです。
女性も多く、短い人だと月20時間。多くても60時間程度の時間を見越せば良いと思います。



その他概要について

■全体像:NON-ITは、RCの中で3割程度の人員で女性比率が5割を超えている部門です。

*だいたい、30-40名NON-ITに所属しています。また、監査系や海外子会社管理等のオーソドックスなリスクコンサルティングをしている部門です。

■案件例:NON-ITの部門では、おおよそであるが

①海外子会社管理

②監査関連アドバイザリー

③ガバナンス関連アドバイザリー

④オペレーションに関するアドバイザリー等が多い。案件としては、海外系の案件も多く、非常にグローバルな職場である、RCの中では英語を話せる方の比重も多く、だいたい3割くらいは海外案件が多い。

■組織や社風:RCなので風通しはよいらしい。ただし、女性比率が多いため、少しだけ人間関係に気を使う。

ただし、グローバルな案件もあり、他ファームよりは圧倒的に協調性がある人が多いので、仕事はしやすいと思う。

また、組織は複数のパートナーごとに、監査や海外子会社案件等の担当領域がわかれており、パートナー間の管轄意識も強いので、アサインされたい案件があれば上司に気に入られる必要がある。

■魅力:グローバル案件が多く、RCなので非常に中長期で働きやすいということ。

また、女性も多いので多様性はある。また、ガバナンスや監査系案件も多いので、監査系総合ファームとしては、他ファームと差別化しやすい。

■人材の質:NON-ITは非常に優秀層か即戦力層しかいない。

実際、もともと大手の内部統制や法務にいた人か、東大をでて英語が担当な人・早慶以上で大手の管理部門にいて英語が話せる人等しかいない。

■ネガティブ情報:RCでは唯一年収が低い。ちなみに本当に低く、コンサルタントで500-600万円くらいが多く、マネジャーでも900万円くらい。

ITリスクの同じRCのマネジャー1300万くらいもらうケースもあることを考えると、少し格差はある。




その他KPMGコンサルティングの部門の詳細

KPMGコンサルティング(MC/SSOA/RPA*ロボティックプロセスオートメーション組織)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(管理部門)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(RC/NON-ITリスクコンサルティング部門(激務度:★★☆)

KPMGコンサルティング(RC/リスクコンサルティング部門)(激務度:★★)

KPMGコンサルティング(MC/銀行・証券セクター)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/商社セクター)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/ITA(IT部門))(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/FT(財務・会計)(激務度:★★★)

KPMGコンサルティング(MC/BT(戦略部門))(2017/08/15更新)(激務度:★★★☆)

KPMGコンサルティング(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA