Pocket



デロイト・トーマツ・コンサルティング(DTC) 第二新卒採用について

DTCで第二新卒部門である「POOL(プール)」部門。
POOL部門はおもに、「コンサルタント職」と「ビジネスアナリスト職」の若手が所属をし、様々な案件従事を通じて経験を積む部門です。
 そのため、基本的には30歳未満の若手が「インダストリー(業界)」や「コンピテンシー(機能軸)」に関係なく様々な案件を遂行する部門。もちろん英語案件も豊富にある。

ハルキのポイント

■転職する際のポイント:
①優秀な人が多いので(転職者含め)、同期間の切磋琢磨や優秀な上司の指導のもと成長はしやすい
②グローバルコンサル案件が非常に多いため、英語の使用頻度は高い
③厳しい人は多い
■転職するには?
①TOEICの点数が730点以上。可能であれば830点以上が望ましい
②早慶以上の学歴
③事業会社の企画部門にいた人/弁護士/会計士税理士等の専門家
■ネガティブ情報(概要):
①DTCは上の力が強いので上司と合わなければ、実力があっても昇進できない

激務情報

■激務情報:プールユニットはいわば研修的な位置付けの部門なので、100時間以上働く人もいれば40時間程度になる場合もあるのですが、平均的には80時間程度です。

その他概要について

■全体像:DTCの第二新卒部門。面白いのが「POOL」という組織に所属させてから、各インダストリーやコンピテンシーの案件アサインに従事される。

優秀な人であれば、「戦略立案」のような戦略系案件から通常実施している「業務改善」や「IT案件」のコンサル案件アサインになる。

■案件例:コンサル案件の幅広さはピカイチである。最も人数が多いBIG4だけあり、受注している案件の幅広さはすごい。

金融機関/製造業/素材エネルギー業界/IT業界/官公庁等の様々な業界において、戦略立案/SCM案件/組織・人事案件/財務・会計案件等の様々な案件遂行が可能。

■組織や社風:コンサル案件アサインになる組織次第である。

また、前述した通り、パートナーの縦割りが強く、パートナーに気に入られるかが非常に大事。なお、若手だけの組織であるため活気は非常によい。

■魅力:

①コンサルのBIG4で最も案件の数が多く面白い案件がたくさんあるため、アサインが叶うかどうかは別にしてやりたい案件は必ずある

②グローバル案件が多く英語を使用しやすい

③他ファームより断トツで給料が高い

④優秀な人材も多く在籍しているため、面白い

■人材の質:レベルは高い。基本的に早慶以上で英語ができる人しかいない。

■ネガティブ・激務情報(詳細):DTCはよいコンサルファームなので、ネガティブ情報は少ないが下記は注意。

①組織が大きくなり少し大企業病なので、パートナーの縦割り意識が強すぎること。それに伴い、パートナーに気に入られるかどうかで昇進できるかどうかが決まる。

*ビジネスアナリストやコンサルレベルはマネジャーやシニアマネジャークラスの影響が大きい。

その他DTCの部門の詳細

デロイト・トーマツ・コンサルティング(DTC) 自動車領域(AUTO)(激務度:★★★)

デロイト・トーマツ・コンサルティング(DTC) 概要(激務度:★★★)

デロイトトーマツコンサルティング(デロイト エクスポネンシャル (「Deloitte Exponential」)(激務度:★★★☆)

デロイト・トーマツ・コンサルティング(VCT(SCM)) サプライチェーンセクター(激務度:★★★)

デロイト・トーマツ・コンサルティング(PS) パブリックセクター(激務度:★★★)

デロイト・トーマツ・コンサルティング(DTC) 組織・人事コンサルティング領域(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

コンサルティング業界の書類選考通過可能性測定ツール(β版)

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308

転職活動に疲れたあなたに!!

トリバゴで旅行にでも行ってリフレッシュしましょう!!

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA