Pocket



PWCアドバイザリー合同会社

 

PWCアドバイザリー合同会社の話をします。BIG4では、よく「M&A遂行を行うFAS」とコンサルファームに分かれていますが、PWCの場合はFASがなく、このPWCアドバザリーチームがM&A案件を遂行しています。

 

■会社概要:M&Aと事業再生を中心に行う、PWCアドバイザリー。

M&Aは「戦略策定」・「バリュエーション」・「デューデリジェンス」・「PMI」等多岐に渡す。今巷で流行っているM&A仲介ではなく、M&Aのアドバイザリー業務で片側だけにアドバイザリーとしてつく。

当たり前だがクロスボーダーM&Aも多い。また、ディールの規模感としては、「日本M&Aセンター 等の中小企業向け」の案件よりは、GCAや大手証券会社(GS/野村等)、メガバンク等が行っている譲渡金額ベースで「10億円以上」の案件が多い。

■業務プロセスの詳細について

  • 「戦略策定」:買収側につき、どのような企業に対してどのようなアプローチをするか確定する。また、その際に買収企業の成長戦略も策定し、そもそもM&Aを実施すべきかどうかについてアドバイスをする。
  • バリュエーション:企業の価値を算定する。算出方法はたくさんあるが、伝統的なDCF等を用いて企業価値を算定する。このフェーズは、買収先と売却先療法にやる。最近大企業で多いのは、カーブアウト(事業分割)案件のため、カーブアウト案件が多い。
  • デューデリジェンス(DD):DDは、「ビジネス」・「財務」・「税務」・「法務」の4つの観点で実施をする。PWCが多いのは総合支援もあるが、財務とビジネスの複合が多い。

■ワークライフバランス:よくない。M&Aは1 日DDが遅れるだけで非常に大きな損失を被るため、締め切りは前は毎日夜中2時くらいまでになる。

また、クロスボーダーM&Aだと海外時刻に合わせてディールを進める必要があるため、ヨーロッパが昼まで日本が夜中でも対応をしないといけなかったりする。

また、基本的にクライアントで対峙するのは、各事業会社の担当役員になり、役員には「猛烈系社員」の人が多いため、要求レベルも非常に高い。

■給与・評価:ディールズ部門は比較的高い。評価は不明。

■ネクストキャリア:M&Aの専門家としてキャリアを描くことができるため、M&Aのブティックファームの転職は簡単。また、戦略策定部分にも関与するため、他ファームの転職もしやすい。事業会社のM&A部門にいくこともできる。

■入社必須条件:早慶以上に加えて、財務・経理経験が必要。

また、グローバル案件も多いので、英語もできた方がよい。事業会社の経理・財務畑の人は英語も必須である。

■過去入社(中途入社)の特徴:かなり優秀層が多い。会計士や戦略コンサル等の優秀層が多い。

■ネガティブ情報:給与がやすいこと。ここに入れる人はもっと給与が高いところにいける。

また、M&Aのリーグテーブルでももっと上位のファームはあるため、純粋なM&Aの経験だけを積みたいなら大手証券会社の方がよい。

*ただし、大手ファームと連携して、もう少し大掛かりな絵を描いて、その手段としてM&Aを提案できるのは良い点。




 

その他PWCコンサルティングの部門の詳細

 

PwCコンサルティング合同会社(マネジメントコンサルティング/人事コンサル)(2017/08/18更新)

PwCコンサルティング合同会社(OPERATIONS/オペレーションズ)(2017/08/14更新)

PwCコンサルティング合同会社(ファイナンス&アカウンティング)

PwCコンサルティング合同会社(ビジネスアプリケーション)

PwCコンサルティング合同会社(サイバーセキュリティ(Cyber Security))(2017/08/14更新)

PwCコンサルティング合同会社(テクノロジー(Technology))(2017/08/20)

PwCコンサルティング合同会社(金融機関向けコンサルティング(FS))(2017/08/19更新)

PwCコンサルティング合同会社(ストラテジーコンサルティング(Strategy&))(2017/08/21更新)

PwCコンサルティング合同会社(テクノロジーコンサルティング/デジタル)(2017/08/18更新)

PWCコンサルティング合同会社

会社別詳細

 

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

 

コンサルティング業界の書類選考通過可能性測定ツール(β版)

 

Harukiに相談したい方はこちら!!

 

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308

 

転職エージェント情報はこちら!!

 

転職エージェントの違いについて

コンサルに強い転職エージェント

 

転職事例

 

【転職お悩み事例】ピカピカの経歴で新卒でトップ外資系コンサルティングファームに就職するも半年で「次の仕事を探せ」

【転職お悩み事例】東大→大手総合商社でも落ちてしまう外資系戦略ファームの難しさ

【転職お悩み事例】ベイカレントに転職できたSIerは、年収も大幅アップで役職も上がり大変満足されていました。

【転職お悩み事例】ピカピカの経歴で新卒でトップ外資系コンサルティングファームに就職するも半年で「次の仕事を探せ」

【転職お悩み事例】夫の海外赴任について行き、日本に戻ってきたキャリア女性のコンサルティングファーム転職

【転職お悩み事例】ピカピカの経歴で新卒でトップ外資系コンサルティングファームに就職するも半年で「次の仕事を探せ」

【転職お悩み事例】研究者の方で、コンサルティングファームに興味がある方

【転職お悩み事例】大手企業にいてコンサルティングファームに転職したい優秀な若手

【転職お悩み事例】コンサルティングファームに在籍してネクストキャリアに迷っている方の事例

【転職お悩み事例】コンサルティングファームに行くか迷っている方の事例

【新卒向け】コンサルティングファームというキャリアパスについて

【転職お悩み事例】ベイカレントに転職できたSIerは、年収も大幅アップで役職も上がり大変満足されていました。

 

転職活動に疲れたあなたに!!

トリバゴで旅行にでも行ってリフレッシュしましょう!!

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA