Pocket

アクセンチュアの中でも、大手官公庁や大手インフラ系企業で多くのコンサルティング実績をあげているHPS。
最近デジタル系の面白い案件もたくさん実施しているのだが、組織の特性上非常に口が硬くあまり情報がないが、ここで情報提供を実施します。


ハルキのポイント

■転職する際のポイント:
 ①官公庁向けの案件従事が可能。官公庁はマイナンバー制度の関連や様々な非効率なものがあるため、改善余地が大きい。
②官公庁だけあり、動きが非常に遅いため、いかにコンサルが入って物事をうまく進めるかが重要。
■転職するには?
①年収が高くない
②動きが遅い
■ネガティブ・激務情報(概要):
①SCM領域には他に強いコンサルファームがある。
②組織が大きくなっているので、すこし問題がある上司がいる。

激務情報

■激務情報:相手が官公庁でそこまで無茶なことを言わないため、いうほど忙しくなない。
だいたい月の40〜60時間程度が残業時間の目安。

その他概要について

■全体像:MDの2名が実質的なトップ。

大手官公庁と大手インフレ系(航空会社が多い)向けのコンサルが非常に多い。

官公庁も実はそうだが、システムにミッションクリティカルな要素が大きく、何かトラブルが起きても何重にも防波堤を設置しているようなシステム構築が多い。

大手インフラ系の企業は、業務改善と一緒に戦略立案系も実施している。

官公庁は大枠の上流工程は、マッキンゼー、BCG、カーニーあたりがよく作っているので、各省庁の細々とした戦略立案補助が多い。

*中でもカーニーの梅沢さんの力は絶大。余談だが、各省庁には差異があり、経産省は新しいもの好きなため、アクセンチュアのコンサル案件も比較的多い

■案件例:例えばだが、航空会社の業務プロセスをITを用いて効率化したり、航空機整備のための部品の最適化等を行っている。

また、官公庁向けではマイナンバー等の国が管理している情報をうまく活用し、各省庁の業務改善系を実施している。

尚、官公庁は国の方針で、「国家戦略の策定補助は、外資系企業に依頼できない」というものがあるが、「国防上重要な案件」や「本当に重要な国家戦略案件」のみであり、それ以外は結構外資系ファームにも依頼している。

■組織や社風:一言で言うと非常に硬い。

また、階級社会である。アクセンチュアのボトムアップの組織風土はもちろん存在はするが、想像以上に縦社会。ただし、所属している人の人柄はよいので、そこまで圧迫感とうはないと思う。

■魅力:働き方はよい。特に、クライアントが17時に終わったり忙しくないので、アクセンチュア自身も忙しくない。また、官公庁の面白い案件も実施できる。

■人材の質:MCとTCは優秀。 ASはあまり過去実績がないが、官公庁向けのシステム開発をしている人が合格しやすい。

また、この部門は学歴を重要視するため、MARCH以上の人しかいない。また、官公庁は今システム系が案件が大量にあるので、ITアレルギーがある人は所属していない。

■ネガティブ情報:HPSは官公庁むけらしく、動きが早くなくてコンサルティングファームいることにギャップを感じると思う。また、年収もそこまで高くないので、それも注意が必要。




その他アクセンチュアの部門の詳細

アクセンチュア(コンサルティング部門/通信メディアハイテク領域/CMT)(激務度:★★★)

アクセンチュア(コンサルティング部門/エネルギー電力領域/RES)(激務度:★★☆)

アクセンチュア(コンサルティング部門/金融/FS)(激務度:★★★)

アクセンチュア(コンサルティング部門/製造流通部門・PRD)(激務度:★★★)

アクセンチュア(ITS:開発部隊)(激務度:★★)

アクセンチュア(ストラテジー)(激務度:★★★★)

アクセンチュア(管理部門)(激務度:★)

アクセンチュア*続き(激務度:★★★)

アクセンチュア*概要(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

コンサルティング業界の書類選考通過可能性測定ツール(β版)

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308

 



 




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA