Pocket



アクセンチュア(管理部門)について

ここからは、個別ファームの部門の詳細を記載する。最も求職者と実際入社した時のギャップが大きい総合系ファームから記載をする。

記念すべき第一回目は、多くの転職者の歓喜と涙を産んだアクセンチュア。

その中でも比較的刺激の少ない(笑)、管理部門から説明する。



ハルキのポイント

■転職する際のポイント:
①英語が話せて当該部門の経験を持っている必要がある。
■転職するには?
①グローバルな会社なので基本的には英語力が必須
■ネガティブ・激務情報(概要):
①能力はあるが少し気が強すぎて他の会社に合わなかった女子が多い
②結局メインはコンサルであくまで管理部門は補助である。

激務情報

■激務情報:あまり激務ではないです。管理部門は、18時には帰れることが多いです。

 

その他概要について

■全体像:アクセンチュアの管理部門は、法務/経理/総務/人事/事務等様々な職種に分かれる。

人事(特にリクルーター)以外は働き方もよく、月20時間以下の残業の人も多い。ただし、リクルーターは非常に忙しく、また癖の強い人も比較的多い。

*特に、大手人材会社から評判がすこぶる悪いFさん笑。

ただし、英語を使用する機会が多く、また比較的社内の経営層とも接点が多いので、面白いこともある。

1点注意なのは、日経の管理部門と違い、管理部門はあくまでバックオフィスなので、昇進は非常にしづらい。

■組織や社風:かなり風通しはよい。ただし、マネジャーになるのには、年数もある程度必要なのは事実。

社風は比較的よい。男性が比較的優しく、女性が強いため女性は働きやすいと思う。

■人材の質:まちまち。経理はそこそこ。財務系や法務は優秀。問題は人事。

リクルーターは非常に能力の差と人間性の差が大きい。基本的に女性の方で、柔らかい感じの方が、外部の評価が高い。*残念ながら気の強すぎる方は、アクセンチュア以外では通用しない。

■ネガティブ:あくまでメインは、コンサルなので管理部門は力が弱い。また、人事を中心に左記のことを潜在的に認識していながら、能力が高く自分をより良く見せようとする人が多いのも問題




その他アクセンチュアの部門の詳細

アクセンチュア(コンサルティング部門/エネルギー電力領域/RES)(激務度:★★☆)

アクセンチュア(コンサルティング部門/エネルギー電力領域/RES)(激務度:★★☆)

アクセンチュア(コンサルティング部門/官公庁部門/HPS)(激務度:★★☆)

アクセンチュア(コンサルティング部門/金融/FS)(激務度:★★★)

アクセンチュア(コンサルティング部門/製造流通部門・PRD)(激務度:★★★)

アクセンチュア(ITS:開発部隊)(激務度:★★)

アクセンチュア(ストラテジー)(激務度:★★★★)

アクセンチュア*続き(激務度:★★★)

アクセンチュア*概要(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/120円・分

https://coconala.com/pservices/343308

転職エージェント情報はこちら!!

転職エージェントの違いについて

コンサルに強い転職エージェント

 



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA