Pocket



EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ITアドバイザリー/ITA)について

最近給与も上がってきたEYACCのITアドバイザリー/ITAについてです。

 

ハルキのポイント


■転職する際のポイント:

①最近受注案件数が多いITコンサル部隊。採用も非常に積極的である。

②少し下流気味みのITコンサル案件が多い

■転職するには?:

①コンサル経験者

②大手事業会社で事業企画・経営企画・財務等に従事している人

■ネガティブ・激務情報(概要):

①働いている人が優秀でない

②給与が安い

激務情報

■激務情報:EYACCは立ち上げ直後のため、大変忙しい。月80〜100時間の残業を見込んだ方が良い。

 

その他概要について

■概要:EYACCのテクノロジーアドバイザリー部隊であるITAです。
 現在のトップであるパートナーの見た目が非常に怖いですが笑、EYACCで現在最も採用を加速しているおり、良くも悪くも目立つ部隊です。
 他ファームと同様に、アプリケーションの知識が求められるコンサル部隊で、他部隊(ストラテジーや財務会計領域等)と連携をよくする部隊。また、他の総合系コンサルファームと比較して少し下流系のITコンサル案件遂行が多い。
■組織、雰囲気:直属のマネジャーによるが、一部のややこしいマネジャーの下につくと結構きつい。
 そのため、合わない人はすぐ辞めないといけない雰囲気。
 また、EYACCに誇りを持っている人も多くないため、離職率は高い。
 特に、旧EYFSAコンサル領域等のITコンサル部門は上司や雰囲気が悪いので、離職率は30%を超える。
(ただし少数)全体的には、クレイジなー人は少なく、BIG4の他のITコンサル部門を落ちた人にとっては良いと思うが、できれば他コンサルファームにいくことをお勧めする。
*ただし、ベイカレ等よりは上流や大規模案件を実施しているので、下位のコンサルファームにいくよりは魅力的に思える部分もある。
■会社の強み:大・中規模案件ができること。また、遅ればせながらデジタルコンサル領域にも力をいれてきたので(DAC等とも連携)、一部最先端系の案件遂行もできる。クライアントは大手日系や外資系の金融系が多く、金融機関案件をしたい人にはぴったりである。

■ネクストキャリア:事業会社のPLやPMにはいける。また、英語ができる人は外資系企業に行く人も多い。

■入社必須条件:大手企業でアプリのPM経験がある人か、インフラ領域の人は英語が必須。また、日本語も流暢でないと基本的には厳しい。

■過去入社(中途入社)の特徴:バラバラ。2次請けSIerが多い。マネジャー以上は、元コンサルか若手優秀層が多い。

■ネガティブ・激務情報:働いている人が正直優秀でない。他のBIG4を落ちた人がいくイメージ。また、受注案件も他のコンサルファームの下請けのような案件も多い。




その他EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの部門の詳細

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(アクチュアリアルサービス )(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(リスクトランスフォーメーションサービス )(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) )(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(サプライチェーン & オペレーションズ)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(人事組織コンサルティング)(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ストラテジー/STRATEGY)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(概要)(EYACC)/(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり/10往復

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308

 






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA