【転職失敗事例】eyaccのIT部門(ITA)に転職し年収も上がったが、結局1年で辞めてしまった悲しい事例

Pocket



【転職失敗事例】eyaccのIT部門(ITA)に転職し年収も上がったが、結局1年で辞めてしまった悲しい事例

こんにちは。HARUKIです。

今日は、新卒から約15年SCSKに在籍指定したG氏の転職事例について記載します。

 

青山学院大学卒業後、SCSKに就職。15年在籍し、PM業務まで遂行

青山学院大学卒業後、これからは理系の時代ということでSIerに就職。

CTCやSCSK、フューチャーアキテクトから内定をもらっていたが、最も社員とのマッチ度が高いSCSKに就職を決めました。

就職後は、SCSKの1次受けであるプロジェクトのプログラミングから始まり、5年後にはプロジェクトリーダーとして活躍。

その後は、30歳を超えると徐々にPMもやり始めて、なんと15年在籍。

50名程度のプロマネをすることが多く、最近流行りのVDI案件にも従事しておりました。

ただ、最近感じていることは、

・このまま一生 SIerとしてキャリアを積んで良いのだろうか??

ということです。

結婚をして、子供も2人いるのですが、どちらもすでに小学校に入り、そこまで手はかかっていません。

奥さんも最近は元々の職場に戻っており、夫婦2名とも収入も安定しているので、リスクをある程度取ることも可能です。

そして、最近仕事で知り合ったアクセンチュアの人の能力の高さをみてこの齢ながら憧れを感じました。

就職直後に夢であった、

・いつかは、グローバルなエンジニアとして活躍する

という夢を思い出し、コンサル業界の門を叩いてみることにしました。。




転職エージェントの話を聞き、転職活動をした結果、無事にEYACCから内定を取得

とあるコンサルに強い転職エージェント数社に相談をしたところ、アクセンチュア・デロイト・EYACC・KPMG・PWC・アビーム・ベイカレント・ノースサンドを勧められました。

「グローバルに働くことができる」・「アップ オア アウトすぎない」という軸で選び、選考を全て受けたところ受かったのがEYACCのみ。(*ノースサンドは途中で選考を辞めました)

少し、社員の話し方や考え方に違和感を覚えたものの、上記の2要素は満たしているため、EYACC ITAに転職することにしました。(給与は50万円のみアップで、周りの同僚からは激しく止められました)

 

転職してみると、想像以上に職場の雰囲気が悪く毎月退職者が出ている状況

EYACCのITA部門は人がたくさんいるので、プロジェクトの上司次第ではありますが、Gの上司は大変な人でした。かなりコミュニケーションが強い人で、なぜか割と感情的になる。

そして、何よりEYACCが受注している案件が、他のファームでは受けれないようなゴミ案件か極度に単価が低い案件でした。

これだとSCSKの方がプロジェクト単価は高いのでは??

と思いながら仕事をやっていましたが、確かに1次受けの上に立てる立場で、今まで使われる立場であったデータや富士通等を使える立場になり、その点は確かに魅力的でした。

ただ、やはり問題は社内の雰囲気です。

雰囲気が悪く、炎上案件もままあるため、極度のストレスから退職者が続出。

会社としては採用を頑張っているようですが、在籍者の満足度が低すぎて、全体の人数が増えない状況でした。

そのため、一人あたりの負荷は変わらず・・・

G氏はやりがいも感じ、一部希望であったヨーロッパの案件も遂行しましたが、ストレスが強すぎてわずか1年で退職してしまいました・・・*ただし、無事次の転職さきは見つけていらっします。

 

 

転職事例

【転職お悩み事例】ピカピカの経歴で新卒でトップ外資系コンサルティングファームに就職するも半年で「次の仕事を探せ」

【転職お悩み事例】東大→大手総合商社でも落ちてしまう外資系戦略ファームの難しさ

【転職お悩み事例】ベイカレントに転職できたSIerは、年収も大幅アップで役職も上がり大変満足されていました。

【転職お悩み事例】ピカピカの経歴で新卒でトップ外資系コンサルティングファームに就職するも半年で「次の仕事を探せ」

【転職お悩み事例】夫の海外赴任について行き、日本に戻ってきたキャリア女性のコンサルティングファーム転職

【転職お悩み事例】ピカピカの経歴で新卒でトップ外資系コンサルティングファームに就職するも半年で「次の仕事を探せ」

【転職お悩み事例】研究者の方で、コンサルティングファームに興味がある方

【転職お悩み事例】大手企業にいてコンサルティングファームに転職したい優秀な若手

【転職お悩み事例】コンサルティングファームに在籍してネクストキャリアに迷っている方の事例

【転職お悩み事例】コンサルティングファームに行くか迷っている方の事例

【新卒向け】コンサルティングファームというキャリアパスについて

【転職お悩み事例】ベイカレントに転職できたSIerは、年収も大幅アップで役職も上がり大変満足されていました。

転職活動に疲れたあなたに!!

トリバゴで旅行にでも行ってリフレッシュしましょう!!

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

 



Pocket

コンサルタントは高級激務なのか~コンサルタントの一日に迫る_part2~

Pocket



コンサルタントは高級激務なのか~コンサルタントの一日に迫る_part2~

とあるコンサルタントの一日(外資系総合コンサルティングファーム)

こんにちは、ハルキです。

今日は、前回の続きになりますが、前回記載した外資系の戦略ファームではなく、外資系の総合ファームについて記載します。

きっと全然違うので驚くと思います。

外資系の総合系ファームはこんな生活

・入社して一年

外資系戦略ファームの働き方をイメージしていて非常にビビっていたが、意外にたいしたことがなく拍子抜け。

本当にしんどいときは、夜中まで働くが上司が気を使ってくれる上に、同期入社者がとにかく多いためお互いに励ませあえるため良い。

年収は500万円くらいだが、上司が飲み方で良いところを教えてくれるから意外に遊ぶのには困らない。

外資系の戦略ファームと違って、逆立ちしても勝たないような同期はいないが、意外にチームプレイ重視で抜きん出るのが難しく、

先輩には「結局上司に好かれたものがち」と言われ、事業会社とそこは変わらないんだなと深夜の飲み会でしみじみ思う。

合コンでは、商社万と一緒になり、あまり業界のことに詳しくない女の子に「俺は外資系コンサル」といい、まるでマッキンゼーのように振る舞うが相手から見ると正直学歴も高く変わらないので、それなりにモテる。

さて、半年くらい立ってくると研修もある程度終わり、ここからは完全にOJTが中心。

クライアントは、大手の部長や執行役員クラスが多く、それなりにやりがいを持ち始めるが、ファシリテイトができる訳もなく、完全に事務作業のみ。

結局、夜の飲み会や同窓会で会う人達に、自分の仕事を誇張して触れ回る。よくあるのが、「大企業の役員に事業戦略を提案」・「M&Aを支援」みたいにいうが、総合系の1年目でできることは雑務である。

テクノロジー職が強いファームだと、研修の一環と言われなぜかサーバールーム〜みたいなところでひたすらJAVAとにらめっこ・・笑

 

・入社して3年

入社して3年たつと年収も700万円から高いと800万円くらいもらえる人もでてきており、格差が生じる。

残念ながら一切昇給しない人もいるので、やはりそこは実力主義の会社と思う。

3年たつと、すでに事業会社に良くも悪くも転職(だいたいついていけないが、一部のトップ層は転職市場を冷静に見て早期に転職)

するので、徐々に同期の格差を感じ始める。

合コンでもそれなりの店を知っており、遊び慣れてくるので、私生活は落ち着くが、仕事がとにかく忙しい。

グローバルプロジェクトの1国を任されることもあるため、本当にしんどい。

しかも最近会社が働き方改革を重要視するため、仕事を公式に持って帰ることができないが仕事が忙しすぎて本当に無理。

ここで転職を考え始め、転職エージェントに登録すると意外に求人が多く、自分の転職価値を再認識して満足。

ただ、日々の仕事のしんどさが解消される訳でもなく、意外に年収ってそこまで多くなくてもちゃんと暮らせることに気づき、やりたいことをやるために転職する人も増える。

 

・入社して7年〜10年

早いとマネージャーになっている。

仕事の責任も重くボーナスを含めると、だいたい1100万円くらいの年収。

仕事はグローバルな案件や大規模な案件が多く、やりがいは非常にあり、転職先は数多くあるが年収があわず意外に現職のやりがいも大きいため、このまま仕事を続けている。

結婚をして奥様ももらっているケースが多く、最近加速している中途採用で自社の魅力を転職見込み層に言っているうちに、自分の会社は実は良いんじゃないかと思い、このまま続けようと思う人が多い。




コンサルティングファームの会社別概要

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/120円・分

https://coconala.com/pservices/343308

転職エージェント情報はこちら!!

転職エージェントの違いについて

コンサルに強い転職エージェント

 



 

Pocket

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(EYACC) 年収について

Pocket



EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(EYACC) 年収について

eyaccの年収について

こんにちは。HARUKIです。

今日は、皆さんが気になっているeyaccの年収について記載します。

結論から申し上げると以下になります。

 

・アナリスト:450万円〜550万円

・コンサルタント:500万円〜600万円

・シニアコンサルタント:650〜850万円

・マネジャー:700〜1000万円

・ディレクター:1000万円〜1400万円

・パートナー:1500万円以上

 

実は、eyaccはもっと年収が低かったのですが、最近コンサル市場における中途転職がレッドオーシャンしていることを鑑み、

年収レイヤーをあげました。

 

参考前に昔の年収を記載しておきます。

 

・アナリスト:450万円〜500万円

・コンサルタント:500万円〜550万円

・シニアコンサルタント:550〜700万円

・マネジャー:700〜950万円

・ディレクター:1000万円〜1400万円

・パートナー:1400万円以上

 

以前より、若手の年収が上がっており、非常に良いですね。

 




その他EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの部門の詳細

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(アクチュアリアルサービス )

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) )(2017/08/19)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(サプライチェーン &オペレーションズ)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(人事組織コンサルティング)(2017/08/17更新)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ストラテジー/STRATEGY)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ITアドバイザリー/ITA)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(リスクトランスフォーメーションサービス )(2017/08/19更新)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/120円・分

https://coconala.com/pservices/343308

転職エージェント情報はこちら!!

転職エージェントの違いについて

コンサルに強い転職エージェント

 



 

Pocket

30代・40代・50代のコンサルティングファームへの転職〜中年になってもコンサルへの転職はできる〜

Pocket



30代・40代・50代のコンサルティングファームへの転職〜中年になってもコンサルへの転職はできる〜

こんにちは、HARUKIです。

今回は、30代、40代、50代のコンサルティングファームへの転職について記載します。

20代の方であれば、ほぼ間違いなく転職できるのですが、30代→40代→50代となるにつれて転職可能性が低くなるのは事実です。

一方、HARUKIは上記のような30代後半以上の方から最近よく相談をいただきます。

確かに、難易度は高い転職多いのですが、皆さんの人生は一度きりです。

 

・年齢が高いから転職できない・・

 

と、転職したく転職もできるのに、上記のような固定観念だけで転職しない人を少しでも少なくするために、今回は年代別のコンサルティングファーム転職実現への対策や注意点を記載します。

 

30代の転職ポイント・注意点

■30代はどこのファームもほぼ問題なく転職できる

巷に溢れる「35歳限界説」とは異なり、コンサルティングファームは40代までは、自社で活躍していればほぼ問題なく転職できます。

そして、30代前半であれば、全く問題がないです。

できれば30代後半の方は、管理職以上の経験が欲しいのは事実ですが、BCGで日本代表までなった御立尚資も36歳で転職して、日本を代表するコンサルタントになっています。

これが事実です。

しかもコンサルティングファームの場合、アクセンチュアを除き新卒以外の中途採用者も役員になっているケースも多いです。

これは、

・コンサルティングファームの上位者には、営業要素が求められるため、頭が良いだけでは出世できない

・事業会社の経験がある方が、クライアントに対して実行可能性を考慮した良い戦略立案支援や業務支援コンサル

を遂行しやすい

と言う特徴があります。

30代の方は、本当にコンサルティングファームに行きたいのであれば、気にしないでください。

 

40代の転職ポイント・注意点

■40代の転職は、マネージャーやシニアマネージャーを想定するため、管理職経験や高度な専門性が非常に重要

40代は、逆に非常に転職しづらいです。

転職した後の、ポジションにマネージャーやシニアマネージャーを想定しているため、管理職経験や高度な専門性を求められることがほとんとです。

また、40代の方は年収もそれなりに高く、家庭もあり年収を下げることができないため、より拍車をかけてコンサルタントという職位での転職が難しいです

ただし、BCGやマッキンゼーであれば、コンサルタントでも1000万円を超えるオファーがあるため、年収ネックは、外資系のトップファームであれば解消されます。

40代で転職する際は、新卒の賢いコンサルと地頭で勝負してもダメなので、「クライアントから信頼できるような受け答え」・「ゆっくりでもいいので、的確な答えをだす能力」・「業界や財務等の職種等の深い知識」が必要です。

上記をアピールできれば、十分に可能性はあると思います。

また、転職エージェントによっては、40代の転職に積極的出ないアホな転職エージェントがいるので、転職エージェントで断られたからといって、あまり気にせず良いエージェントを見つけて、適切な対策をしてコンサルティングファームへの転職を実現してください。

 

50代の転職ポイント・注意点

■50代の転職は、クライアントを引っ張ってこれるか、業界の重要なポジションに立っていることが需要

さて、問題は50代です。

50代は、普通のキャリアを形成していると、コンサルティングファームへの転職はほぼ無理です。

ただし、下記のような転職事例はあります。

・国家公務員で、それなりの役職まで登り、コンサルティングファームへ転職した後も、国とのパイプを持つことができる人

・業界で非常に有名であり、その人がコンサルティングファームに転職すれば、クライアントも一緒に獲得できる場合

・事業会社で役員レベルであり、コンサルティングファームに転職しても、その業界ネットワークの深さから、クライアントを数多く獲得できる人

可能性は0ではもちろんないですが、50代での転職は上記のような実績が必要です。

*50代になると、コンサルに限らずステップアップ転職は上記のような実績が必要です。




コンサルティングファームの各社の詳細を知りたい方はこちら!

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/120円・分

https://coconala.com/pservices/343308

 






Pocket

(アクチュアリアルサービス )(激務度:★★☆)~EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社

Pocket

(アクチュアリアルサービス )(激務度:★★☆)~EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社

こんにちは。HARUKIです。

今回は、EYACCのアクチュアリー部門について説明します。初めてアクチュアリーコンサルをコンサルで見つけたときに、なぜコンサルティングファームにアクチュアリーコンサル部門があるか全く理解できませんでした。

基本的には、生保や損保に専門家でありアクチュアリーがおり、彼らにアドバイスできる人なんて限られていると思ったからです。

ただ、意外にコンサルが果たす役割は多くあります。本日はそのあたりをお話します。

ハルキのポイント

■転職する際のポイント:
①欧米のアクチュアリー知見を活用して案件従事が可能。
②生損保会社と違い、EYACCの他部門と連携することができる。
■転職するには?
①アクチュアリー会員であること。
■ネガティブ・激務情報(概要):
①激務ではないが、人が優秀でない。他のBIG4に行けなかった人が所属しているケースが多い。

その他概要について

■概要と案件例:概要は、下記EYACCのHPをご覧ください。

実は意外だがそれぞれにニーズがある。なんと、アクチュアリアル・レヴューも一定数案件受注をしている。これは、欧米を筆頭としたアクチュアリーの最先端事例や欧米事例(のちに日本に入ってくる可能性がある)をコンサルから仕入れたいニーズが大手会社であるためである。また、生保は日本も外資系が多く、外資は本当によくコンサルを使うため、そこの引き合いも多い。なお、ご承知の通り、生損保のM&Aは非常に活発であるが、そのリードはこの部門ではやらずストラテジーや金融領域になり、アクチュアリー部門はあくまで補助である。また、内部統制は細々とニーズがあるが、ここで多いのは、「責任準備金計算等の保険数理分野支援」である。
■組織、雰囲気:所属者はだいたいアクチュアリー会員の方なので、学者っぽい人が多いが、学者およりも向上心が強い。また、わざわざEYACCのアクチュアリーを選ぶ人は変わった人が多いと思うが、EYACCは金融に強いため、あながち選ぶ人の思考回路によっては、合理的な選択をされている場合もある。
■会社の強み:他事業と連携した総合力。また、グロバールのネットワーク活用はでき、他総合系ファームより結束力や協業の意識は強いので、組織力を活かすことができる。なお、RPAは他ファーム含め金融機関での実績が多いため、EYACCの金融に強い(といってもどこもそうであるが)という長所は活用できる。

■入社必須条件:アクチュアリー会員であること。

■ネガティブ・激務情報:他のBIG4を落ちた人がいくイメージ。ただし、アクチュアリー会員自体は優秀なので、どうしても行きたい理由があれば、入社してもいいと思う。

その他EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの部門の詳細

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(リスクトランスフォーメーションサービス )(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) )(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(サプライチェーン & オペレーションズ)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(人事組織コンサルティング)(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ストラテジー/STRATEGY)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ITアドバイザリー/ITA)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(概要)(EYACC)/(激務度:★★★)

会社別詳細

Pocket

リスクトランスフォーメーションサービス (激務度:★★☆)〜EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社

Pocket



EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(リスクトランスフォーメーションサービス )について

今回は、EYACCの中でもまだ競合他社より優位性がある「リスクトランスフォーメーションサービス」について説明します。

いわゆる、リスクコンサルです。リスクコンサルは自体は、伝統的な金融業界・大手総合商社(資源価格暴落後さらに、リスク管理を徹底している)のみならず、東芝の件でわかったように様々なメーカーや企業で引き合いが増えている面白い領域。

*ただし、リスク領域は、BIG4系列だとDTRC(DTCのリスク専門子会社)やKPMGのリスク部門(旧KPMGビジネスアシュアランス)に圧倒的に負けたるため、EYACCのリスク部門に入社する場合はその点を留意する必要がある。

 

ハルキのポイント

転職するのポイント:

①金融機関との取引は多く、金融機関で人気のある「コンプライアンス、リスクコンサル案件」は一定数の受注がある。

転職するには?

①IT系で金融機関向けのシステム導入経験がある

②金融機関や事業会社でコンプライアンス案件やリスク管理をやっていた人。

■ネガティブ・激務情(概要):

①リスク領域はまだ他領域より強いとはいえ、業界の中で4番手くらい。実際、KPMGやDTRSに行けるなら行った方がよいと言われている。

②人が優秀でない。

 

激務情報

■激務情報リスク部門は、新日本監査法人とも連携して業務遂行してため、そこまで忙しくない。

 




その他概要について

概要・案件例:伝統的な、GRCやERMに加えて、ITリスクコンサルタント案件が多い。

・GRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)の略であり、全社リスク戦略策定に近い。ガバナンスに重きを置いているときは、経営戦略とも紐づくため、経営戦略策定とセットで実施するケースも多い。また、リスクはいわゆる内部統制系の案件になり、コンプライアンスは、組織内で不正がないかどうかをどのようにトレースするか決定し、その決定方法を実行するとこまで管理をする

・ERM:Enterprise Risk Managementの略であり、伝統的なコンプライアンス案件。

詳しくは、下記EYACCのHPを見て欲しい。

https://www.shinnihon.or.jp/services/adDvisory/risk-advisory/risk-transformation/erm/

・ITリスク案件:IT案件系が最も多い。特に金融機関の基幹システムのリスクコンサルや、大規模開発案件のリスク管理も多い。また、EYACCの強みでもあるグローバルを活かした「海外子会社管理」のITリスク案件遂行も多い。

組織、雰囲気:新日本監査法人側ので元アドバイザリーの人が多いため、(EYACCは、新日本監査のアドバイザリー部門と旧EYA、旧EYFSAが融合している)非常にまったりしている。

同じ会社でも雰囲気が全く違う。かなり優しく、成果にもそこまで拘らないため、正直コンサルっぽくはない。

会社の強み:グローバルな案件がリスク系にしては多いと思う。特に、海外子会社系のIT統合リスク案件補助(M&A時のPMI関連)。

また、部署の特性でガツガツしていないので、離職率も他部門よりも高くなく、担当者が固定化しているので、そこも強み.

入社必須条件:IT系はPMをやっていてアプリの経験があるプライムベンダーであれば、入社可能性がある。

また、リスクコンサルや内部統制系のコンサル経験者も入社可能性がある。

ネガティブ・激務情報:働いている人が正直優秀でない。他のBIG4を落ちた人がいくイメージ。

特に、リスクコンサルティングで、プロアクティブやKPMG,DTRSに行かずに、わざわざEYACCに行く人は誤った情報収集をされている方が多い。




その他EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの部門の詳細

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(アクチュアリアルサービス )(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) )(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(サプライチェーン & オペレーションズ)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(人事組織コンサルティング)(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ストラテジー/STRATEGY)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ITアドバイザリー/ITA)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(概要)(EYACC)/(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

コンサルティング業界の書類選考通過可能性測定ツール(β版)

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/120円・分

https://coconala.com/pservices/343308

 






Pocket

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) )(激務度:★★★)

Pocket



EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(RPA)について

他カンパニー同様ついにEYACCでも取り組むことになった、RPAのコンサル部門です。

RPAとは、ロボティック・プロセス・オートメーションのことであり、主にソフトウェア・ロボットを活用して、企業におけるホワイトカラー業務の自動化を実現します。具体的には、「定型業務(経理処理等)」を自動化するケースが多く、金融機関を代表とする大手企業のバックオフィス部門の自動化案件が多いです。

*ファームによっては、「一部の定型業務の自動化」や「非定型業務」の自動化も行っていますが、定型業務の自動化が安全に成功しているコンサル案件です。

 

ハルキのポイント

転職するのポイント:

①最先端のAIテクノロジーの一種である「RPA」を学ぶことができる。

②BIG4としては、RPAは最も後発である。

転職するには?

①RPA経験者

②BI経験者でもよい

③業務改善やIT系のコンサル経験がある人。

■ネガティブ・激務情(概要):

①働いている人が優秀でない

②BIG4で最も後発であり、まだノウハウが溜まっていない。

 

激務情報

■激務情報RPAの部署は立ち上げ初期ということもあり、非常に忙しい。月は80時間程度を想定すれば良い。

 




その他概要について

■概要:今流行りのRPAのコンサル部門。RPAには、

①生産性・効率性

②精度

③コスト削減

④コンプライアンス

⑤スケーラビリティと柔軟性

というメリットがある。コスト削減はもちろんであるが、最もクライアントが評価しているのは「精度」である。特に、バックオフィス業務はRPAの方が圧倒的に間違いが少なく、かつ早いので数あるコンサル案件の中でもリピート率が高い。

■案件例:EYACCは金融機関向けのコンサルに強く、もともと金融機関でRPAの導入が進んでいるため、EYACCのRPA案件でも金融機関向けの案件遂行が多い。

・案件例1:グローバルに展開している大手銀行の、金融商品販売に関する適合性評価の補助。

具体的には、評価のための準備作業である「ファイル収集や事例収集」の時間が50%以上が削減され、また精度もあがり、ファイルの整備業務が通常よりも2ヶ月早くなった。

・案件例2:グローバルに展開している大手保険会社の、顧客接点改善コンサル(主に、デジタル系のチャネル関連)。具体的には、EYACCのコンサルで顧客から提出される書類の98%を自動化することに成功し、生産性が7.4倍あがった。

■組織、雰囲気:会社としてはRPAのコンサルに力をいれていこうとしているが、如何せん本領域は他コンサルファームも非常に強い領域のため、専門家の獲得が難しい。

特にEYACCは、デジタル領域では圧倒的に後発のコンサルファームであり、かつRPAというKPMG/アクセンチュア/アビームが強い領域の人材雇用に非常に難航しており、RPAチームというチームはまだ実質的にはない。デジタル部門の人が兼務しており、比較的アサインになった場合の人柄や雰囲気はデジタルっぽくゆるい感じである。

■会社の強み:他事業と連携した総合力。また、グロバールのネットワーク活用はでき、他総合系コンサルファームより結束力や協業の意識は強いので、組織力を活かすことができる。

なお、RPAは他コンサルファーム含め金融機関での実績が多いため、EYACCの金融に強い(といってもどこもそうであるが)という長所は活用でKりう。

■入社必須条件:RPAは即戦力者があまりいないため、BIや業務改善をデジタルツールを活用したことがある人であれば入社可能。

■ネガティブ・激務情報:働いている人が正直優秀でない。他のBIG4を落ちた人がいくイメージ。




その他EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの部門の詳細

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(アクチュアリアルサービス )(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(リスクトランスフォーメーションサービス )(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(サプライチェーン & オペレーションズ)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(人事組織コンサルティング)(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ストラテジー/STRATEGY)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ITアドバイザリー/ITA)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(概要)(EYACC)/(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308

 






Pocket

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(サプライチェーン & オペレーションズ)(激務度:★★★)

Pocket



EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(サプライチェーン &オペレーションズ)について

最近採用ニーズが高く、トップのK氏も非常によい人で面白いサプライチェーン & オペレーションズ(SC&OP)についてです。

 

ハルキのポイント

転職するのポイント:

①グローバル対応が必要なSCMコンサルはBIG4の御家芸の一つ。EYACCはBIG4の中でも最もSCM領域は弱いがそれでも一定数の引き合いや需要はある。

転職するには?

①英語が話せ大手の事業会社で物流や購買を経験していた人

②他コンサルファームで戦略・業務・ITコンサルをやっていたことがある人・

■ネガティブ・激務情(概要):

①働いている人が優秀でない

 

激務情報

■激務情報SCMは上司が優秀でないので、仕事が忙しくなりがち。また、クライアントも物流関係は非常にややこしい人が多い。

 

その他概要について

■概要:主にサプライチェーン関係のコンサルを実施している部署。

対象業界は、大手製造業や小売業等が多い。特に、最近は各メーカーでサプライチェーンのグローバル化が進んでおり、サプライチェーン関連のコンサル引き合いが多い。

■案件例:案件例は以下のようなもの。
・デジタル技術活用案件:デジタル技術を自社の製品開発やサプライチェーンに活かすことによりどのようなメリットがあるのか、また、既存の課題をデジタル技術でどのように解決するか等
・海外企業の買収やグループ再編などにより常に自社のサプライチェーンが変化しているので、変化に柔軟に対応できる(変化の影響をうけない)IT基盤を構築
・SCM戦略の各国展開時におけるオペレーション支援。
また、他ファーム同様、SAPやEBSの物流パッケージを活用したコンサルも多く、特にSAP経験者は非常に重宝される。
■組織、雰囲気:物流戦略や業務支援をやっている人で英語ができれば、組織的には優しいので過ごしやすいと思う。
■会社の強み:他事業と連携した総合力。また、グロバールのネットワーク活用はでき、他総合系ファームより結束力や協業の意識は強いので、組織力を活かすことができる。

■入社必須条件:中途はSAP等のERP物流モジュール経験者か、大手企業で調達や物流支援を実施していた人。

■過去入社(中途入社)の特徴:英語が話せ、大手物流会社や大手企業の調達にいた人。

■ネガティブ・激務情報:働いている人が正直優秀でない。他のBIG4を落ちた人がいくイメージ。




その他EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの部門の詳細

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(アクチュアリアルサービス )(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(リスクトランスフォーメーションサービス )(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) )(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(人事組織コンサルティング)(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ストラテジー/STRATEGY)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ITアドバイザリー/ITA)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(概要)(EYACC)/(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308

 






Pocket

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(人事組織コンサルティング)(激務度:★★☆)

Pocket



EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(人事組織コンサルティング)について

他領域と同様採用ニーズが高まっているコンサル領域。BIG4の中でもあまり強くない領域ですが、記載します。

 

ハルキのポイント

■転職する際のポイント:

①コンサルの案件規模が小さい

②グローバルコンサルティング案件は多め

③部門はいい人が多い
■転職するには?:

①なぜか敷居は高く「元コンサルティングファーム出身者」か「事業会社の若手優秀層」でないと厳しい。
■ネガティブ情報(概要):

①働いている人が優秀でない

②人事領域でも実施案件は強くない。

③給与が安い

 

激務情報

■激務情報:人事コンサルはそこまで忙しくはないが、月60〜80時間程度を想定していれば良い。

 




その他概要について

■概要:大手企業を中心とした組織・人事コンサルティングを行う部門(PAS:ピープル・アドバイザリー・サービスと呼ばれている)big4の中でも人事コンサルに決して強くはないため、小さい部門。他ファーム同様、いろいろな案件を実施しているが案件規模も小さい。
 また、 workday等の特定の人事パッケージ等にも強くはない。
■案件例:全社の人事戦略や組織戦略立案等のレガシーなコンサルティングが中心。
 今流行りのタレントマネジメントやworkday等を活用した人事業務の効率化等の業務は少ない。
 他部署で実施したM&A系の案件関連で、PMIの人事最適化等のコンサルが面白い案件。
 あとは、色々なファームがよく実施しているグローバルの人事戦略等が多い。
■組織、雰囲気:トップの方は比較的温和なので、まあまあ感じがよい組織。
 人事領域で女性も多いため、雰囲気もよい。
 ただし、実施案件が小さく、正直弱小組織なので、大きな案件遂行はできない。
■会社の強み:他事業と連携した総合力。また、グロバールのネットワーク活用はでき、他総合系ファームより結束力や協業の意識は強いので、組織力を活かすことができる。

■入社必須条件:人事領域の経験があり英語が話せる若手やコンサルファームにいる若手がよく入社している。

*そのため、35歳を超えている人は、今のステージでは結構難しい。また、事実として35歳以上の人が入社はしているが、他ファームの経験者のみである。

■ネガティブ情報(詳細):働いている人が正直優秀でない。

他のBIG4を落ちた人がいくイメージ。また、人事領域でも正直かなり弱く、他のBIG4かマーサー等にいけるのであれば、行った方がよい。また、今でこそトップの意向もあり、マシになっているがやはりまだ給与は低い。




その他EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの部門の詳細

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(アクチュアリアルサービス )(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(リスクトランスフォーメーションサービス )(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) )(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(サプライチェーン & オペレーションズ)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ストラテジー/STRATEGY)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ITアドバイザリー/ITA)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(概要)(EYACC)/(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308

 







Pocket

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ストラテジー/STRATEGY)(激務度:★★★)

Pocket

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ストラテジー/STRATEGY)について

 

ハルキのポイント

■転職する際のポイント:

①金融領域には強い戦略コンサル部隊。

②グローバルコンサル
■転職するには?:

①コンサル経験者

②大手事業会社で事業企画・経営企画・財務等に従事している人
■ネガティブ・激務情報(概要):

①働いている人が優秀でない

②給与が安い

 

激務情報

■激務情報:ストラテジーなので非常に忙しい。残業は100時間を超えます。

 




その他概要について

EYACCのストラテジーについてです。

■概要:現在取締役であるY氏がトップをしているEYACCのストラテジー。
 EYACCのストラテジーは、金融領域に非常に強いが、面白い案件は金融以外が多い。
*案件例は下記参照。
また、EYACCはプロパーが非常に優秀であり、新卒の優秀層と他ファームで活躍していたが、戦略部門にいけずEYACCのストラテジーにきた人が多い。
最近の給与改定もあり、少しは見返りがある組織になってきた。
■案件例:意外に大型案件も実施している。下記が案件例
①大手金融機関の海外不正送金を防ぐための、戦略策定補助
→現在大手金融機関を中心に、海外の不正送金を防ぐための制度設計や体制構築を実施しているが、その体制構築の補助を実施している。大手金融機関は海外に多数の拠点を保有しているため、グローバルの出張があったり、かなりの大規模関係者のマネジメントが必要になる、
②価格競争から脱出するための、IoTを活用した高付加価値戦略
→新規事業にリソースを避けていない伝統的な業界的において、競合との事業上の差別化戦略の一環として、IoTを活用して高付加価値戦略を策定、実行支援をした事例
③グローバル企業のアセットアロケーション最適化
→グロバールに展開し、様々な業界や事業を展開している大手企業のアセットを最適化して、グループ内のシナジーを生み出すことでコストを削減し、新規領域の資金を生み出した戦略立案補助。
■組織、雰囲気:トップはかなりしっかりしていて厳しいが意外に人間味をあるため、ストラテジーとしては割とよい組織雰囲気。
 ただし、PURE戦略と比較するとやはり超上流の案件は少なく、下流系が多いため、少し負い目を感じている人も多い。
 *○○ホールディングスの戦略は、外資系のPURE戦略が実施し、各グループ会社の部長や事業部長クラスの戦略立案補助が多い。また、EYACCも戦略なので、勿論UP or OUTである。
■会社の強み:他事業と連携した総合力。また、グロバールのネットワーク活用はでき、他総合系ファームより結束力や協業の意識は強いので、組織力を活かすことができる。

■入社必須条件:中途だと大手企業の経営企画や戦略立案補助をやっていた人や、コンサルティングファームにいた人が採用されやすい。また、EYACCのくせにといったら怒られるが意外に採用目線は高い

■過去入社(中途入社)の特徴:若手だと事業会社で「MARCH以上」×「経営企画OR事業開発OR財務」系の人が採用されやるい。また、30代であればコンサルティングファーム出身者を採用しているケースが多い。

■ネガティブ・激務情報:働いている人が正直優秀でない。他のBIG4を落ちた人がいくイメージ。また、ストラテジーの割にやはり給与も高くない。



その他EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの部門の詳細

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(アクチュアリアルサービス )(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(リスクトランスフォーメーションサービス )(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション) )(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(サプライチェーン & オペレーションズ)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(人事組織コンサルティング)(激務度:★★☆)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(ITアドバイザリー/ITA)(激務度:★★★)

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(概要)(EYACC)/(激務度:★★★)

会社別詳細

書類選考通過可能性を知りたい方はこちら!!

書類選考通過可能性測定ツール

Harukiに相談したい方はこちら!!

・「転職のプロが転職の相談にのります」/1000円/メールやりとり

https://coconala.com/services/246100

・「後悔させない!転職のプロが転職の相談にのります」/100円・分

https://coconala.com/pservices/343308

 






Pocket